コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呼吸機能検査 こきゅうきのうけんさrespiratory function test

世界大百科事典 第2版の解説

こきゅうきのうけんさ【呼吸機能検査 respiratory function test】

呼吸機能は,最終的にはpH値を含む動脈血組成値が正常範囲に保たれるように働いていれば十分なわけである。しかし,肺は運動時に備えて,機能的に大きな予備能力をもっているので,最大吸息・呼息とか,運動とかの負荷的条件で測定を行わないと,肺,心臓,神経系,筋肉などの病気の診断には役に立たないことが多い。呼吸機能検査の内容は,肺気量分画測定,スパイログラム(スピログラム)spirogram,肺内吸気分布検査,換気力学検査,肺拡散検査,肺血流スキャン,肺胞気・動脈血酸素分圧較差検査,運動負荷試験,呼吸刺激評価目的のP0.1測定(呼息と吸息の間の口腔内の圧力の測定)など,きわめて多種多様である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

呼吸機能検査の関連キーワード大動脈炎症候群(高安動脈炎/脈なし病)臨床検査技師・衛生検査技師びまん性汎細気管支炎患者検査機器慢性気管支炎気管支拡張症人間ドック呼吸流量計肺機能検査気管支炎肺癌

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

呼吸機能検査の関連情報