コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

商品管理 しょうひんかんりmerchandise control

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

商品管理
しょうひんかんり
merchandise control

商品の仕入れ (生産) ,保管,配送,陳列などの実体把握したうえで,販売との関係において有機的に商品を管理し,移動させること。そのためには時々刻々変化していく各商品の販売動向を迅速かつ正確にとらえて,それに基づいて回転の速い商品には有利な大量仕入れを行い,売行きの鈍化した商品については過大手持ちリスクを避ける必要がある。最近では POSシステムなどコンピュータを利用して,より迅速で的確な商品管理が行われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

商品管理【しょうひんかんり】

商店などの経営において商品の仕入から販売までの過程にわたり,商品の種類ごとに仕入・在庫・陳列・販売の実態を数量的に把握(はあく)すること。マーケティング視点が必要とされ,適切な商品分類や商品種別の適正在庫の確保により,商品回転率を高める役割を果たす。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

商品管理
しょうひんかんり
merchandise control

仕入れから販売完了に至る商品の流れを合理化し、効率化するための管理活動をいう。これには、商品の実体を管理する側面と、計量とくに貨幣価値でとらえた商品を管理する側面とがある。前者の実体的管理としての商品管理は、仕入れ管理と展示管理に細分される。仕入れ管理では、仕入れ商品の選定、仕入れ先の選定、仕入れ事務手続、荷受け、保管などが問題になる。また展示管理では、値札づけ、ウィンドー・ディスプレー、店内展示、展示品の補充などが問題になる。後者の価値的管理としての商品管理では、適正在庫量の決定と維持、商品回転率の向上、銘柄・価格など要因別の売上げ記録の作成と活用、棚卸しなどが問題になる。以上のような商品管理は、従来は商人の経験とそこから得られた勘によるところが多かったが、近年、情報処理技術の発達により急速に科学化され、しかも即時化されるとともに、前述の2側面を統合するようシステム化されてきた。とくにPOSシステムpoint of sales system(販売時点情報管理システム)の発達は、販売時点からの情報の即時フィードバックによる商品管理を可能にしている。[森本三男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

商品管理の関連キーワードアイリーン ローゼンフェルドオフィスオートメーションデータサイエンティストサンプリング・メソッドレギュラー・チェーン無線IDチップデータベース無線ICタグタグシステム日本ナレッジバーコードICタグRFID在庫管理大西信平一括物流関あじSMA関さば品番

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

商品管理の関連情報