コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

商売往来 しょうばいおうらい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

商売往来
しょうばいおうらい

江戸時代につくられた往来物の一つ。商人生活に必要な日常用語などを収録した,読み書きの代表的教科書。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうばい‐おうらい〔シヤウバイワウライ〕【商売往来】

往来物の一。江戸時代、商売に関係した事柄を書いたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

商売往来【しょうばいおうらい】

往来物の一つ。1693年京都の寺子屋師匠堀流水軒発案に始まるといわれる。当時の商業に関連する事項を細大もらさず記述し,商人の心得を説いたもの。類書および改編本,数十冊に及び,実業科往来物の発展に大きな影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

しょうばいおうらい【商売往来】

往来物の一。商売に関する言葉や事柄を列挙したもの。江戸初期から明治に至るまで種々のものが刊行された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

商売往来
しょうばいおうらい

往来物の一種で、手習師匠堀流水軒の作。1694年(元禄7)上梓(じょうし)されたものが最古とされている。商業活動に必要な知識・技術ならびに生活心得などを内容としている。寺子屋の教科書として、商人をはじめ職人や農民の子弟にも広く用いられた。庶民生活の商業化の促進によって、『増続商売往来』などの類書も輩出し、産業関係往来物の発展のうえに大きな影響を与えた。[利根啓三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

商売往来の関連キーワード寺子(小)屋仲田 定之助仲田定之助商業教育女子教育林 不忘めんこ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android