商売往来(読み)しょうばいおうらい

  • しょうばいおうらい シャウバイワウライ
  • しょうばいおうらい〔シヤウバイワウライ〕

百科事典マイペディアの解説

往来物の一つ。1693年京都の寺子屋師匠堀流水軒発案に始まるといわれる。当時の商業に関連する事項を細大もらさず記述し,商人の心得を説いたもの。類書および改編本,数十冊に及び,実業科往来物の発展に大きな影響を与えた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

往来物の一。商売に関する言葉や事柄を列挙したもの。江戸初期から明治に至るまで種々のものが刊行された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

往来物の一種で、手習師匠堀流水軒の作。1694年(元禄7)上梓(じょうし)されたものが最古とされている。商業活動に必要な知識・技術ならびに生活心得などを内容としている。寺子屋の教科書として、商人をはじめ職人や農民の子弟にも広く用いられた。庶民生活の商業化の促進によって、『増続商売往来』などの類書も輩出し、産業関係往来物の発展のうえに大きな影響を与えた。[利根啓三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 江戸前期の往来物。一冊。堀流水軒著。元祿七年(一六九四)刊。商売に必要な知識・教養、商人への教訓を記した教科書。明治初めまで広く使われ、多くの類書を生み出した。
[2] (一)から始まる往来物の一ジャンル。江戸時代、商売に関係する事柄を列挙したもの。
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉初「酒肆(〈注〉さかや)の丁稚と雖も、商売往来を閲(けみ)して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android