コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜多宗雲 きたそううん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

喜多宗雲
きたそううん

江戸時代中期の長崎派の画家。黄檗派絵画の先駆者遺作肖像画が多く,人物は隠元,木庵など比較的初期の来朝黄檗僧に限定。濃淡による陰影を施した写実的作風で,同一画題を同一構図で描いたものが多い。また部分的には特殊な絵具による油彩技法を使用。主要作品『隠元倚騎師像』 (東輪寺) ,『本邦初祖三禅師像』 (神戸市立博物館) ,『列祖図冊』 (京都万福寺) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜多宗雲 きた-そううん

?-? 江戸時代前期の画家。
明暦-寛文(1655-73)のころ長崎で黄檗(おうばく)派の肖像画を開拓したひとり。隠元隆琦(りゅうき)の弟子ともいわれる。木庵性瑫(もくあん-しょうとう),即非如一(にょいち)らの初期の渡来僧を,西洋画的な陰影法をもちいて写実的にえがいた。喜多元規(げんき)の父,あるいは師とされる。作品に「隠元騎獅像」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

喜多宗雲の関連キーワード黄檗美術明暦

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android