コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜多宗雲 きたそううん

2件 の用語解説(喜多宗雲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

喜多宗雲
きたそううん

江戸時代中期の長崎派の画家。黄檗派絵画の先駆者で遺作は肖像画が多く,人物は隠元,木庵など比較的初期の来朝黄檗僧に限定。濃淡による陰影を施した写実的作風で,同一画題を同一構図で描いたものが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜多宗雲 きた-そううん

?-? 江戸時代前期の画家。
明暦-寛文(1655-73)のころ長崎で黄檗(おうばく)派の肖像画を開拓したひとり隠元隆琦(りゅうき)の弟子ともいわれる。木庵性瑫(もくあん-しょうとう),即非如一(にょいち)らの初期の渡来僧を,西洋画的な陰影法をもちいて写実的にえがいた。喜多元規(げんき)の父,あるいは師とされる。作品に「隠元騎獅像」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

喜多宗雲の関連キーワード常行雲谷等与奥山永碩勝継狩野大学雪林曾我玉翁正歳松原探梁茘閲

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone