コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄檗派 おうばくは

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黄檗派
おうばくは

江戸時代,黄檗宗の伝来とともに,長崎を中心として発生した書画,建築における諸様式およびその一派逸然隠元をはじめ江戸時代に来日した多くの黄檗僧はいずれも書画をよくし,作品は黄檗物として当時の人々に珍重された。絵は茶事の作法として南宗画風の小品画を描き,彼らについて学ぶ者も多く,長崎派における一派を形成。また黄檗宗では頂相 (ちんぞう) が重視され,喜多元規はじめ肖像画家の一派も生れた。書は隠元,木庵,即非が黄檗の三筆と呼ばれ,当時の唐様書道界に大きな影響を与えた。同時に彼らは日本における新仏教の一派として仏寺建築を行い,長崎の崇福寺,宇治の万福寺などを建立。これらは黄檗様式による異国趣味豊かな建築として日本建築史上特異な地位を占める。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の黄檗派の言及

【長崎派】より

…それらはほぼ次のような流派に大別される。(1)黄檗(おうばく)派は,黄檗宗の中国僧によって伝えられた写実的な高僧肖像画を学び,喜多元規らの肖像画家を生んだ(黄檗美術)。(2)漢画派は,1644年(正保1)に来朝した黄檗僧逸然(1600か01‐68)を祖とし,河村若芝(1629か38‐1707),渡辺秀石(1639‐1707)らが謹厳な北宗画風の絵を描き,秀石は唐絵目利職につくなど,長崎派の主流となった。…

※「黄檗派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

黄檗派の関連キーワード提宗慧全喜多宗雲無著道忠黄檗美術

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android