コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜多元規 きたげんき

3件 の用語解説(喜多元規の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

喜多元規
きたげんき

江戸時代,承応~元禄期 (1652~1704) 頃活躍した長崎派の画家。黄檗僧はじめ諸檀越 (だんおつ) の肖像画,他宗の諸僧画像など多くの遺作があり,黄檗派の代表的画家。『長崎先民伝』によれば南蛮絵 (洋風画) にも長じていたとあるが,純粋な洋風画の遺作はなく,写実的描法による黄檗画像のなかに油彩技法の使用を部分的にみるのみである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

喜多元規【きたげんき】

17世紀の長崎派画家。生涯に不明な点が多いが,黄檗(おうばく)宗の僧の肖像画を多く残し,その洋画的技法を加味した写実的描法はのちの長崎絵画に影響を与えた。代表作《木庵賛隠元像》。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜多元規 きた-げんき

?-? 江戸時代前期の画家。
薩摩(さつま)(鹿児島県)あるいは肥前長崎の人。鉄牛道機について黄檗(おうばく)宗をおさめ,喜多宗雲あるいは陳賢に画技をまなぶ。承応(じょうおう)-元禄(げんろく)(1652-1704)のころ長崎を中心に京都,江戸などで活動。黄檗宗の僧の肖像を陰影法をもちいて写実的にえがいた。通称は長兵衛。作品に「隠元和尚像」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

喜多元規の関連キーワード承応戸次庄左衛門松木荘左衛門ケープ植民地戸次庄左衛門別木庄左衛門南アフリカ共和国浅見絅斎王鐸

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone