コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜多元規 きたげんき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

喜多元規
きたげんき

江戸時代,承応~元禄期 (1652~1704) 頃活躍した長崎派画家黄檗僧はじめ諸檀越 (だんおつ) の肖像画他宗の諸僧画像など多くの遺作があり,黄檗派の代表的画家。『長崎先民伝』によれば南蛮絵 (洋風画) にも長じていたとあるが,純粋な洋風画の遺作はなく,写実的描法による黄檗画像のなかに油彩技法の使用を部分的にみるのみである。主要作品『隠元和尚像』 (京都万福寺) ,『隠元,木庵,即非三禅師像』 (神戸市立博物館) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

喜多元規【きたげんき】

17世紀の長崎派画家。生涯に不明な点が多いが,黄檗(おうばく)宗の僧の肖像画を多く残し,その洋画的技法を加味した写実的描法はのちの長崎絵画に影響を与えた。代表作《木庵賛隠元像》。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜多元規 きた-げんき

?-? 江戸時代前期の画家。
薩摩(さつま)(鹿児島県)あるいは肥前長崎の人。鉄牛道機について黄檗(おうばく)宗をおさめ,喜多宗雲あるいは陳賢画技をまなぶ。承応(じょうおう)-元禄(げんろく)(1652-1704)のころ長崎を中心に京都,江戸などで活動。黄檗宗の僧の肖像を陰影法をもちいて写実的にえがいた。通称は長兵衛。作品に「隠元和尚像」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

喜多元規の関連キーワード小原慶山黄檗美術河村若芝

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android