コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四月テーゼ しがつテーゼAprel'skie Tezisy; April Theses

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四月テーゼ
しがつテーゼ
Aprel'skie Tezisy; April Theses

1917年4月 17日 (旧暦4日) ,亡命先のスイスから帰国したレーニンが「当面する革命におけるプロレタリアートの任務」と題して演説し,4月 20日 (旧暦7日) 『プラウダ』紙に発表した革命戦術。 10項目から成るそのおもな内容は,戦争について,ロシア革命の性質,臨時政府への態度,ソビエト共和国,土地の国有化,インターナショナルの復活などである。当時このテーゼボルシェビキの内外を問わず激しい批判を浴びたが,まもなく激論の末,「すべての権力をソビエトに」のスローガンとともに党の「行動綱領」として採択された。このテーゼ中,特にロシアの現状を革命の第1段階 (ブルジョア民主主義革命) から第2段階 (プロレタリア社会主義革命) へ移行したと評価したこと,および新しいロシアの国家体制をソビエト共和国と想定したことはレーニンの独創的見解であり,二月革命以後明確な方針を失っていたボルシェビキに新しい指針を与えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しがつテーゼ【四月テーゼ】

1917年のロシア二月革命後,4月16日に帰国したボリシェビキの指導者レーニンが,翌17日の集会で発表した革命の戦略・戦術を述べたテーゼ。後に《現在の革命におけるプロレタリアートの任務について》と題して機関紙《プラウダ》に発表された。テーゼは,二月革命で成立した臨時政府が資本家の政府であり,これを一切支持せず,また第1次世界大戦も依然として帝国主義戦争であるため〈革命的祖国防衛主義〉には絶対反対するという立場に立つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四月テーゼ
しがつてーぜ
Апрельские Тезисы Aprel'skie Tezis ロシア語
April Theses英語

ロシア革命の指導者レーニンが1917年4月に発表した、ボリシェビキ党のとるべき革命戦略の要綱。亡命地スイスで同年、二月革命勃発(ぼっぱつ)の知らせを受けて帰国したレーニンは、帰国の直後10項目よりなる要綱を党の集会で読み上げ、それに注釈をつけて「現在の革命におけるプロレタリアートの任務について」と題した文書を『プラウダ』紙に発表した。そのなかでレーニンは、臨時政府のもとでも戦争(第一次世界大戦)は依然として帝国主義戦争であること、当面する状況は革命の第一段階から第二段階への過渡であり、その特異点たる最大限の合法性を利用すべきこと、臨時政府をいっさい支持しないことを主張し、労働者代表ソビエトはただ一つ可能な革命政府の形態であると述べた。そして全権力をソビエトに移し、議会制共和国ではなく労農ソビエト共和国の樹立を目ざすべきことを提起し、社会民主党から共産党への党名変更、第三インターナショナルの創設に言及した。当時の党指導部は臨時政府条件付き支持に傾いていたので、当初このテーゼは党内からも激しい抵抗にあったが、4月の第7回党協議会で全党の方針として採択され、これが、その年の十月革命を目ざす基本路線の指針となった。[原 暉之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の四月テーゼの言及

【ロシア革命】より

…4月20日,首都の兵士のイニシアティブでミリュコーフ打倒,侵略反対のデモがおこり,ミリュコーフは閣外へ去った。ボリシェビキは帰国したレーニンの〈四月テーゼ〉を受け入れ,ソビエト権力の樹立をめざす活動を開始する。他方,ソビエト主流派のメンシェビキとエス・エル党は,この動揺ののち臨時政府に入閣し,連立政府を発足させた。…

【ロシア社会民主労働党】より

… 17年に二月革命が勃発すると,党の大勢はブルジョア革命の立場に立ち,組織統一が進んで統一大会の日程を決めた。しかしレーニンが帰国して〈四月テーゼ〉で革命を第二段階のプロレタリア革命に転化するよう呼びかけると,ボリシェビキはこれに従い,ブルジョア革命の立場を守ったメンシェビキと分離していった。ブルジョア臨時政府はやがて社会主義者の入閣により補強されたが,民衆の望む〈平和,パン,土地〉を与えることはできなかった。…

※「四月テーゼ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

四月テーゼの関連キーワード第一次世界大戦史(年表)ロシア革命史(年表)ボルシェビズムコロンタイ十月革命封印列車

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android