風病(読み)フウビョウ

デジタル大辞泉の解説

ふう‐びょう〔‐ビヤウ〕【風病】

風の気にあたって起こると考えられた病気。かぜのやまい。ふびょう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふうびょう【風病 fēng bìng】

中国医学で風邪(ふうじや)によって起こされると考えていた一群の病気。邪は冷たい風に当たって悪寒発熱を起こすというようなことから想定されたのであろうが,傷口に風邪が侵入して破傷風を起こすと考えたように,風以外に,細菌ウイルスなど目に見えない外因も含んでいる。後世では風邪は風湿とか風寒というように湿邪とか寒邪といっしょになって病変を起こすとされていることが多い。中風ももとは風病の一種で,感冒のようなものとされていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ふうびょう【風病】

古く、風の毒にあたって起こるとされた病気。風邪など。ふびょう。
風疾。中風。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ふう‐びょう ‥ビャウ【風病】

〘名〙 古く、風の毒に冒されて起こるとされた病気。頭痛、四肢の疼痛あるいは異常感覚、発音障害、四肢の運動障害などの症状を伴うものの総称。ふびょう。
※御堂関白記‐寛弘七年(1010)八月三日「日来風病発、今日冝、仍参大内」 〔魏書‐汝陰王脩義伝〕

ふ‐びょう ‥ビャウ【風病】

〘名〙 (「ふ」は「風」の呉音) =ふうびょう(風病)
源氏(1001‐14頃)帚木月頃、ふひゃうおもきにたへかねて、ごくねちの草薬をぶくして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の風病の言及

【脳卒中】より

…アレタイオスは神経交叉(こうさ)と半身不随について論じ,ガレノスはこれを臨床的に観察した。中国の最古の医書《黄帝内経(こうていだいけい)》では,この病気は〈邪風に中(あた)り,撃仆(うちたおれ)偏枯(半身不随)となる〉と記されており,はじめ〈中風〉と呼ばれ,のちには〈中気〉とも呼ばれ,また〈風病〉ともいわれた。これは,脳卒中が外的因子の風によっておこるという考えと,内的因子の気によっておこるという二つの考えがあったからである。…

※「風病」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android