四維(読み)しい

精選版 日本国語大辞典「四維」の解説

し‐い ‥ヰ【四維】

〘名〙
天地四隅。すなわち、乾(いぬい)(=西北)・(ひつじさる)(=西南)・(うしとら)(=東北)・巽(たつみ)(=東南)の四つの方位のこと。しゆい。〔孟浩然‐陪張丞相自松滋江東泊渚宮詩〕
② (「」は綱の意) 国を維持するのに必要な四つの綱。・廉・恥の四徳。
※依憑天台集(816)「豈非中国失法、求之四維、而此方少識者、如魯人耳」 〔管子‐牧民

し‐ゆい【四維】

〘名〙 =しい(四維)
今昔(1120頃か)一「東西南北・四維上下、六種に震動す」
太平記(14C後)六「東西南北四維(シユイ)上下に充満して」 〔無量寿経‐上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「四維」の解説

し‐い〔‐ヰ〕【四維】

天地の四つのいぬい北西)・ひつじさる南西)・たつみ南東)・うしとら北東)の四つの方角。しゆい。「四維
「―国界の数里をしるす」〈奥の細道
《「管子」牧民から》国家を維持するのに必要な四つの大綱。礼・義・廉・恥の四つの道徳

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳「四維」の解説

四維

▽乾(いぬい。北西)、坤(ひつじさる。南西)、艮(うしとら。北東)、巽(たつみ。南東)の四隅

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

普及版 字通「四維」の解説

【四維】しい

四綱。

字通「四」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の四維の言及

【方位】より

…西北風をアナジとかタマカゼと称し,悪霊とともに善神も来る両義的な方位とし,屋敷では稲荷をまつる。以上の3方位に辰巳(たつみ)(東南)を加えて四角(しかく),四隅(しぐう),あるいは四維(しい)と呼び,それぞれ艮(うしとら),坤(ひつじさる),乾(いぬい),巽(たつみ)の字をあてる。 また,神聖な方位には,恵方(えほう)(明きの方)があり,新しい年神,歳徳神を迎える方位で,年神棚,門松,若水汲み,鍬始めはその方位を意識している。…

※「四維」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android