コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四菩薩 シボサツ

デジタル大辞泉の解説

し‐ぼさつ【四菩薩】

人間界に最も縁の深い四菩薩。観音(かんのん)弥勒(みろく)普賢(ふげん)文殊(もんじゅ)
法華経」涌出品(ゆしゅつぼん)に説く、末世に現れて法華経を世に広める役割をもつ四菩薩。上行(じょうぎょう)・無辺行・浄行・安立行。
胎蔵界曼荼羅(まんだら)で、大日如来を取り囲む四菩薩。南東の普賢、南西の文殊、北西の観音、北東の弥勒

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しぼさつ【四菩薩】

〘仏〙
衆生しゆじように最も因縁の深い四人の菩薩。観音・弥勒・普賢・文殊の総称。密教の胎蔵界曼荼羅で、大日如来を中心としてそれぞれ西北・東北・東南・西南の四隅に配す。
「法華経」涌出品ゆしゆつぼんで、末法濁悪じよくあくの世に地から涌き出て、「法華経」をひろめる仏命を受けたといわれる菩薩のうち、上行・無辺行・浄行・安立行の四人の菩薩。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

四菩薩の関連キーワード瑞龍寺(滋賀県)胎蔵界曼荼羅中台八葉院もんじゅ玉虫厨子四波羅蜜人間界みろく曼荼羅ふげん蓮華八供九尊末法

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android