コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四菩薩 シボサツ

2件 の用語解説(四菩薩の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

し‐ぼさつ【四菩薩】

人間界に最も縁の深い四菩薩。観音(かんのん)弥勒(みろく)普賢(ふげん)文殊(もんじゅ)
法華経」涌出品(ゆしゅつぼん)に説く、末世に現れて法華経を世に広める役割をもつ四菩薩。上行(じょうぎょう)・無辺行・浄行・安立行。
胎蔵界曼荼羅(まんだら)で、大日如来を取り囲む四菩薩。南東の普賢、南西の文殊、北西の観音、北東の弥勒。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しぼさつ【四菩薩】

〘仏〙
衆生しゆじように最も因縁の深い四人の菩薩。観音・弥勒・普賢・文殊の総称。密教の胎蔵界曼荼羅で、大日如来を中心としてそれぞれ西北・東北・東南・西南の四隅に配す。
「法華経」涌出品ゆしゆつぼんで、末法濁悪じよくあくの世に地から涌き出て、「法華経」をひろめる仏命を受けたといわれる菩薩のうち、上行・無辺行・浄行・安立行の四人の菩薩。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四菩薩の関連キーワード観音観観音講観音堂観音の本誓観音菩薩大悲観音人間界初観音六観音躓く石も縁の端

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone