四菩薩(読み)シボサツ

デジタル大辞泉の解説

し‐ぼさつ【四菩薩】

人間界に最も縁の深い四菩薩。観音(かんのん)弥勒(みろく)普賢(ふげん)文殊(もんじゅ)
法華経」涌出品(ゆしゅつぼん)に説く、末世に現れて法華経を世に広める役割をもつ四菩薩。上行(じょうぎょう)・無辺行・浄行・安立行。
胎蔵界曼荼羅(まんだら)で、大日如来を取り囲む四菩薩。南東の普賢、南西の文殊、北西の観音、北東の弥勒

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しぼさつ【四菩薩】

〘仏〙
衆生しゆじように最も因縁の深い四人の菩薩。観音・弥勒・普賢・文殊の総称。密教の胎蔵界曼荼羅で、大日如来を中心としてそれぞれ西北・東北・東南・西南の四隅に配す。
「法華経」涌出品ゆしゆつぼんで、末法濁悪じよくあくの世に地から涌き出て、「法華経」をひろめる仏命を受けたといわれる菩薩のうち、上行・無辺行・浄行・安立行の四人の菩薩。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

四菩薩の関連情報