四菩薩(読み)シボサツ

デジタル大辞泉の解説

し‐ぼさつ【四菩薩】

人間界に最も縁の深い四菩薩。観音(かんのん)弥勒(みろく)普賢(ふげん)文殊(もんじゅ)
法華経」涌出品(ゆしゅつぼん)に説く、末世に現れて法華経を世に広める役割をもつ四菩薩。上行(じょうぎょう)・無辺行・浄行・安立行。
胎蔵界曼荼羅(まんだら)で、大日如来を取り囲む四菩薩。南東普賢南西文殊北西観音北東弥勒

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐ぼさつ【四菩薩】

仏語。
[一] 末法の世にあらわれて、法華経をひろめる仏命を受けたという、上行、無辺、浄行、安立行の四菩薩。〔日蓮遺文‐観心本尊抄(1273)〕
[二] 衆生に最も因縁のふかい、観音、彌勒(みろく)、普賢(ふげん)、文殊の四つの菩薩。一説に、彌勒を勢至(せいし)とする。また、この四つの菩薩は密教の胎蔵曼荼羅で、中台八葉の四隅に住する。別に金剛曼荼羅の四親近(しんごん)をもいう。
※大観本謡曲・舎利(1464頃)「然るに仏法東漸とて、三如来四菩薩も、皆日域に地を占めて、生を済度し給へり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報