コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

因循姑息 インジュンコソク

デジタル大辞泉の解説

いんじゅん‐こそく【因循×姑息】

[名・形動]古い習慣に頼って、その場をしのごうとすること。また、そのさま。「因循姑息な手段」
[補説]明治文明開化期の流行語。おっぺけぺえ節にも「ちょんまげ頭を叩いて見れば、因循姑息の音がする」とうたわれた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いんじゅんこそく【因循姑息】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
旧習を改めようとしないで、その場しのぎに物事をする・こと(さま)。 「 -なやり方」 「 -に日を送らん/近世紀聞 延房

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

因循姑息の関連キーワード散髪脱刀令武芸細雪陳言旧習