コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国体の本義 こくたいのほんぎ

4件 の用語解説(国体の本義の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国体の本義
こくたいのほんぎ

文部省編,1937年5月刊行。 35年頃から高まった「国体明徴」「教学刷新」の意義を明らかにし,その精神を国民に徹底させることを企図した。神話と古典に依拠して,国史の諸過程を「肇国の精神の顕現」としてとらえるとともに,西洋近代思想を激しく排撃している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こくたいのほんぎ【国体の本義】

昭和12年(1937)文部省が天皇中心の国体護持の立場から編集・発行した国民教化用の出版物。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こくたいのほんぎ【国体の本義】

文部省が,日本の国体に関する正統的解釈書として1937年(昭和12)に初版刊行した冊子。1935年天皇機関説問題を契機に政府の〈国体明徴〉声明に沿って,文部省が独自に国体論の教材として編纂に着手したものである。文部省は,国体観念に基づく教育・学問の改編方策を検討するために35年11月,文部大臣諮問機関として〈教学刷新評議会〉を設置したが,その答申(1936年10月)を待たずに,思想局長伊東延吉の主導のもと,思想課長小川義章,国民精神文化研究所志田延義等を中心として省内外の委員を加えた編纂委員会が組織され,35年中に編纂を開始した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こくたいのほんぎ【国体の本義】

文部省が1937年(昭和12)に配布した出版物。教育理念として神秘的国体論を強調。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国体の本義の関連キーワード有権解釈文部うさぎ冬景色虫のこえめだかの学校文部科学時報社会学的解釈紛争の義務的解決に関する選択議定書法規的解釈

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国体の本義の関連情報