コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国吉康雄 くによし やすお

美術人名辞典の解説

国吉康雄

(1889-1953)洋画家。明治22年岡山市生まれ。39年渡米、働きながらロサンゼルス美術学校夜間部に通う。43年ニューヨークに移る。ナショナルアカデミー・オブ・デザイン、インディペンデント・スクールに学び、大正5年アート・ステューデンツ・スクールに入学、ケネス・ヘイズ・ミラーに師事した。11年ニューヨークのダニエル画廊にて初個展。14年と昭和3年ヨーロッパを旅行、二度目にはジュール・パスキンと交友し感銘を受ける。4年ニューヨーク近代美術館主催『一九人の現存アメリカ作家絵画展』に選ばれ5点出品。6年一時帰国し東京、大阪で個展。翌年帰米。8年よりアート・ステューデンツ・リーグで教鞭をとる。19年カーネギー・インスティテュート主催『1944年アメリカ合衆国展』にて1等賞受賞。戦後23年ホイットニー美術館で回顧展、27年ヴェネツィア・ビエンナーレアメリカ館で個人展示が行われた。初期の素朴な空想的表現、中期のパスキンの影響を経て、後期はアメリカ表現主義的作風を展開した。昭和28年ニューヨークで歿、63才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

くによし‐やすお〔‐やすを〕【国吉康雄】

[1889~1953]洋画家。岡山の生まれ。明治39年(1906)渡米、社会派的画風の中に郷愁を感じさせる作品で国際的に認められ、米国画壇の代表作家の一人となった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

国吉康雄【くによしやすお】

洋画家。岡山市生れ。1906年渡米,ロサンゼルス美術学校,ニューヨーク・アート・スチューデンツ・リーグに学び,終生米国で活躍した。地味な色調と広漠とした空間表現に異邦人の孤独と哀愁がみえる。
→関連項目岡山県立美術館目黒区美術館

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国吉康雄 くによし-やすお

1889-1953 大正-昭和時代の洋画家。
明治22年9月1日生まれ。39年渡米。ニューヨークのアート-スチューデンツ-リーグにまなぶ。昭和4年ニューヨーク近代美術館の「19人の現存アメリカ作家絵画展」に出品。18年「誰かが私のポスターを破った」でカーネギー国際美術展1等賞をうけ,23年ホイットニー美術館で大回顧展をひらくなど,アメリカ画壇で活躍した。昭和28年5月14日ニューヨークで死去。63歳。岡山県出身。岡山県立工業中退。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

くによしやすお【国吉康雄】

1889‐1953(明治22‐昭和28)
洋画家。岡山市に生まれる。1906年渡米し,はじめシアトルで鉄道や農場で下働きし,ロサンゼルスに移って同地の美術学校へ通う。10年ニューヨークに移住。苦学しながら〈ジ・エイト〉メンバーのヘンライの学校に通う。〈ジ・エイト〉は19世紀以来の田園風景主題とした素朴な写実を打破しようとする革新的な運動で,アメリカ的な都市生活を描き,アーモリー・ショーとともに当時の画家たちに大きな影響をあたえた。国吉はやがてインディペンデント美術学校などに通い,1916‐20年にはアート・スチューデンツ・リーグに学んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

くによしやすお【国吉康雄】

1889~1953) 洋画家。岡山県生まれ。一七歳で渡米、アメリカ近代絵画の代表的作家の一人として活躍した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国吉康雄
くによしやすお

[生]1889.9.1. 岡山
[没]1953.5.14. ニューヨーク
アメリカで活躍した洋画家。 1906年渡米し,ロサンゼルス美術学校,ナショナル・アカデミー,インディペンデント美術学校,アート・スチューデンツ・リーグなどに学ぶ。アメリカ美術界で認められ,29年ニューヨーク近代美術館の「19人の現存アメリカ作家」展に招待出品,その他主要な展覧会にも出品。また数多くの国際展で受賞。生活感情を深く反映した憂愁に富む独自の画風を展開し,現代アメリカの代表的画家として名声を博した。 31年一度帰国,二科展に出品したが,その後再びアメリカで暮した。主要作品『秋のたそがれ』 (1929,東京国立近代美術館) ,『サーカスの女』 (32) ,『裸婦』 (35) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国吉康雄
くによしやすお
(1889―1953)

終生アメリカの美術界で活躍した日本国籍の画家。明治22年9月1日岡山市に生まれる。1906年(明治39)岡山県立工業学校染織科を中退して渡米し、ロサンゼルス美術学校に学んだのち、10年ニューヨークに移住。アート・スチューデンツ・リーグに入ってケネス・ヘイズ・ミラーの指導を受け、また反アカデミーのペンギンクラブの会員となる。22年から個展活動を始め、『果物を盗む少年』ほかに幻想的素朴派の作風を示す。25年と28年(昭和3)にヨーロッパ旅行をしてリアリズム画風に転じ、また石版画制作も始める。29年ニューヨーク近代美術館の「19人の現在アメリカ作家展」に選ばれ、画壇の地位を確立。31年帰国して東京と大阪で個展、翌年二科会員に推され、帰米。静物画、風景画に心象を託すほか、『私は疲れた』など官能的でもの憂い女性像を多く描く。またカーネギー国際美術展では39年に二等賞、43年に『誰(だれ)かが私のポスターを破った』で一等賞。太平洋戦争中は反日本軍国主義の立場を貫いた。48年(昭和23)ホイットニー美術館で異例の大回顧展が開かれた。晩年は『啓示』など色彩が鮮烈になり、表現を強め、52年ベネチア・ビエンナーレ展にアメリカ代表4作家の1人として選ばれたが、翌年(昭和28)5月14日ニューヨークで没した。[小倉忠夫]
『小沢善雄著『評伝国吉康雄』(1974・新潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

国吉康雄の関連キーワードアーモリー・ショーロバート ヘンリジ・エイト井上可南子昭和時代北川民次

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国吉康雄の関連情報