国外転出時課税制度(読み)こくがいてんしゅつじかぜいせいど

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国外転出時課税制度
こくがいてんしゅつじかぜいせいど

1億円以上の株式などの有価証券をもつ資産家が海外へ転出する際に、資産の含み益所得税・復興特別所得税を課す制度。2015年度(平成27)税制改正に盛り込まれ、2015年7月以後に海外へ転出した者から適用を始めた。「出国税」ともよばれる。仮に株式などを売却していなくても、海外に出た時点で売却したとみなし課税する。海外に住む親族へ資産を遺贈したり、贈与したりした場合にも対象となる。株式売却益などに税金がかからない租税回避地(タックス・ヘイブン)へ資産家が移住して課税を逃れるという行為を防ぐねらいがある。
 転出直前の10年以内に5年を超えて日本に住んでいた人で、海外への移住者だけでなく、1年を超える海外転勤や留学などで国内に住所や居所がない人も該当する。就業査証(ビザ)を得て日本で働く外国人は同制度の対象外である。課税対象となる資産は、株式、投資信託などの有価証券のほか、未決済の信用取引やデリバティブ取引などが該当し、この含み益に対し15.315%の所得税・復興特別所得税を課す。国外転出時課税制度に基づく納税をしないで出国すると、加算税などを含む追徴課税の対象となる。なお納税猶予を受けると、一定の要件のもとで納税が5年間猶予される。また5年以内に帰国し、当該有価証券を保有していた場合は課税が取り消される。
 富裕層の海外移住による課税逃れについては、経済協力開発機構(OECD)が2014年に報告書で懸念を表明し、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、カナダなど日本を除く主要7か国(G7)はいずれも国外転出時課税制度を導入済みであった。日本の国税庁も課税逃れを防止するため、2013年から、毎年12月31日時点で国外に5000万円超の財産がある人に申告制度を導入するなど海外財産の把握に力を入れており、国外転出時課税制度の導入はこの一環である。[矢野 武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

こくがいてんしゅつじ‐かぜいせいど〔コクグワイテンシユツジクワゼイセイド〕【国外転出時課税制度】

国外転出をする者が1億円以上の対象資産を所有している場合や、当該所有者が国外に居住する親族などへ贈与などを行い、対象資産の移転があった場合に、対象資産の含み益所得税を課税する制度。平成27年(2015)7月より実施。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android