コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国権の最高機関 こっけんのさいこうきかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国権の最高機関
こっけんのさいこうきかん

国会は選挙で選ばれた議員で構成され,議員の集合体としての政党が政党政治を行う場であって,総理大臣および内閣の基盤として行政府の頂点であり,かつ唯一の立法機関でもある。このことから国会は国権の最高機関であるといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

国権の最高機関

憲法は国民主権を定め、衆参両議院は「全国民を代表する選挙された議員で組織する」(43条)と国会が国民を代表する機関であることを規定している。議員定数は衆院が2000年6月の総選挙から20減って480人に。参院は01年7月の参院選から5減って247人に、04年の参院選からさらに5減って242人になった。国会の地位については「国権の最高機関で、国の唯一の立法機関」(41条)としている。「国権の最高機関」とは最も重要な機関で、政治が国会を中心に民意を反映して執り行われるべきことを示したもの。すべてに優越するというわけではなく、内閣には衆院の解散権が認められ、司法権は独立し、違憲立法審査権を持っている。このため「政治的美称」と指摘する人もいる。背景には行政優位、官僚主導の政治という実態がある。「唯一の立法機関」とは国会が立法権を独占することを定めたもので、「天皇ハ帝国議会ノ協賛ヲ以テ立法権ヲ行フ」「天皇ハ法律ヲ裁可シ其ノ公布及執行ヲ命ス」という明治憲法とは基本的に異なる。

(星浩 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

国権の最高機関の関連情報