コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金森徳次郎 かなもりとくじろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金森徳次郎
かなもりとくじろう

[生]1886.3.17. 名古屋
[没]1959.6.16. 東京
憲法学者。 1912年東京大学法学部卒業。 34年岡田啓介内閣の法制局長官に就任したが国体明徴運動の渦中で,天皇機関説論者として右翼や軍部に攻撃され辞職。 46年第1次吉田茂内閣の国務大臣として入閣し,憲法改正を担当,憲法大臣の異名を受けた。象徴としての天皇は国民の憧れの的と表現するなど,巧みな国会答弁であったが,『憲法遺言』 (1949) などの著書を通じて新憲法の解説,普及に努めた。 48年国立国会図書館長に就任。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

金森徳次郎【かなもりとくじろう】

憲法学者。愛知県出身。東大卒後,法制局に入り1934年長官となったが,天皇機関説信奉者として攻撃され辞職。第2次大戦後,第1次吉田内閣の国務大臣として憲法改正時に貢献。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金森徳次郎 かなもり-とくじろう

1886-1959 大正-昭和時代の官僚,憲法学者。
明治19年3月17日生まれ。内閣法制局参事官をへて昭和9年岡田内閣の法制局長官となる。翌年天皇機関説論者として軍部,右翼から攻撃され,11年辞任。戦後,21年第1次吉田内閣の国務相として日本国憲法の制定につくす。23年国立国会図書館初代館長。昭和34年6月16日死去。73歳。愛知県出身。東京帝大卒。著作に「帝国憲法要綱」「憲法遺言」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かなもりとくじろう【金森徳次郎】

1886‐1959(明治19‐昭和34)
憲法学者,官僚。名古屋市に生まれる。1912年東大英法科卒。法制局に入り,法制局書記官などを経て,34年岡田啓介内閣の法制局長官となる。著書《帝国憲法要綱》(1921)は高等文官試験の参考書としておおいに読まれたが,その天皇機関説は美濃部事件に際して攻撃され,36年辞職。戦後46年,第1次吉田茂内閣の国務大臣として新憲法制定の衝にたずさわった。議会における憲法審議の答弁にあたり,宮沢俊義貴族院議員の〈八月革命説〉と対立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かなもりとくじろう【金森徳次郎】

1886~1959) 憲法学者・政治家。名古屋市生まれ。東大卒。日本国憲法審議担当国務大臣。国立国会図書館初代館長。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金森徳次郎
かなもりとくじろう
(1886―1959)

憲法学者、政治家。1912年(明治45)東京帝国大学法科大学卒業。柳田国男(やなぎたくにお)の後を受けて法制局に勤務し、1934年(昭和9)岡田啓介(けいすけ)内閣の法制局長官となるが、翌年天皇機関説論者であるとして右翼に攻撃され、1936年辞任した。第二次世界大戦後の1946年第一次吉田茂内閣の新憲法審議担当の国務大臣として活躍、新憲法下の天皇を国民の「あこがれの象徴」であると説明したことは有名。1948年国立国会図書館初代館長に就任、1959年まで在任した。[赤澤史朗]
『『私の履歴書 8』(1959・日本経済新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

金森徳次郎の関連キーワード国体明徴運動昭和時代渦中異名金森

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金森徳次郎の関連情報