コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国立大学財務・経営センター

産学連携キーワード辞典の解説

国立大学財務・経営センター

「国立大学財務・経営センター」とは国立大学法人等の教育研究環境の整備充実、財務・経営の改善を支援を行うための独立行政法人。「国立大学財務・経営センター」は現在の国立学校財務センターの業務を引き継ぐ。「国立大学財務・経営センター」は、キャンパス移転、付属病院など、施設整備のための費用の貸付、交付、国立大学法人等の財務経営に関する研修や情報提供の他、これまでの施設整備費などに当てられた債務の償還を引き継いで行うことなどをその業務とする。

出典 (株)アヴィス産学連携キーワード辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国立大学財務・経営センター
こくりつだいがくざいむけいえいせんたー

国立大学法人、大学共同利用機関法人および国立高等専門学校機構に対し施設整備等に必要な資金の貸付などを行う文部科学省所管の独立行政法人。英語名はCenter for National University Finance and Management、略称はCUFM。独立行政法人国立大学財務・経営センター法(平成15年法律第115号)に基づいて2004年(平成16)設立。本部は千葉県千葉市美浜区若葉。
 1992年(平成4)、国立学校の財務の改善のため国立学校財務センターを設置。国立学校の移転、施設の高層化などによって使われなくなった財産の管理・処分や、国立学校における財務に関する事務の改善に関する情報提供、連絡調整などの業務を行うこととした。2004年4月には独立行政法人に再編成され、現名称となった。
 国立大学法人等への資金の貸付や交付を行うほか、国立大学法人等の財務・経営に関する調査・研究、その職員の研修等を行い、教育研究環境の整備充実並びに財務・経営の改善を図ることを目的としている。そのため、財政融資資金からの借入金や債券を発行して調達した資金を財源として、附属施設等に必要な資金の貸付を行う。また国立学校特別会計から承継した特定学校財産・積立金等の財産、国立大学法人等の不用財産処分収入の一定割合を財源として、国立大学法人等に対して施設整備に必要な資金の交付を行う。2010年度に行われた政府の事業仕分けの結果、国立大学法人等への財務・経営の改善に資するための情報提供、相談・助言事業や財産管理等に関する協力・助言事業については2010年度末をもって廃止され、調査・研究事業についても2011年度末をもって廃止された。2011年3月時点での資本金は96億0200万円、職員数は24人。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

国立大学財務・経営センターの関連キーワード独立行政法人国立大学財務・経営センター法案国立大学法人法案関連6法案

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android