コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国立情報学研究所 コクリツジョウホウガクケンキュウジョ

6件 の用語解説(国立情報学研究所の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こくりつ‐じょうほうがくけんきゅうじょ〔‐ジヤウホウガクケンキウジヨ〕【国立情報学研究所】

東京都千代田区にある大学共同利用機関法人。情報学研究と大学院教育に取り組む一方、他の研究機関を含めた情報共有インフラである最先端学術情報基盤(CSI)の構築・運営などを行う。情報・システム研究機構を構成する4研究所の一。昭和51年(1976)に東京大学情報図書館学研究センターとして発足。同大学文献情報センター学術情報センターNACSIS;National Center for Science Information Systems)への改組を経て、平成12年(2000)に現名称となる。国情研。NII(National Institute of Informatics)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

国立情報学研究所【こくりつじょうほうがくけんきゅうじょ】

大学共同利用機関法人情報・システム研究機構に所属する四つの研究機関の一つ。ネットワークソフトウェアマルチメディアなどの情報関連分野の基礎から応用までの研究開発を推進するなど情報学研究を総合的に進めている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

こくりつじょうほうがくけんきゅうじょ【国立情報学研究所】

情報に関する総合的な研究・開発や学術情報基盤の開発・整備などを目的とする大学共同利用機関。2000年(平成12)学術情報センターを母体に設立、04年大学共同利用機関法人情報・システム研究機構国立情報学研究所に移行。東京都千代田区に所在。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国立情報学研究所
こくりつじょうほうがくけんきゅうじょ

学術情報センター」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国立情報学研究所
こくりつじょうほうがくけんきゅうじょ

国立大学法人法に基づいて設置された、大学共同利用機関法人情報・システム研究機構傘下の国立の研究所。英語名はNational Institute of Informatics、略称はNII。
 IT(情報技術)時代を迎え学術情報の重要性が飛躍的に増大したため、学術情報センター(略称、NACSIS(ナクシス))を発展させた研究機関として、2000年(平成12)4月に設置された。東京都千代田区一ツ橋の学術総合センタービルを拠点に、目録所在情報サービス、情報検索サービス、電子図書館サービスなどの学術情報サービスを提供している。これらを発展させ、各サービスで提供するコンテンツを核としてGeNii(ジーニイ)(NII学術コンテンツ・ポータル)を構築し、総合検索窓口や論文情報や図書情報など、サービスの提供と各サービスの連携を行っている。
 情報学分野の研究機関としての役割と、学術情報サービスプロバイダー(GeNiiなど)と学術情報ネットワーク(SINET(サイネット)/Super SINET)の運営者としての役割をもっている。また総合研究大学院大学に参加して、複合科学研究科情報学専攻として博士課程の学生の教育指導も行っている。
 国内で発信される文献情報は、すでに年間数十万件をはるかに超え、インターネット上での文献(書類)情報は数億件に達している。図書文献情報は、日本十進分類法(NDC:Nippon Decimal Classification)や国際標準逐次刊行物番号(ISSN:International Standard Serial Number)などで文献分類を行うことができるが、インターネット上の文書や特許文献などの文献分類は標準化がされていなかった。その解決のため、国立機関として情報検索分野の標準化の役割を担ってきた。
 取り組みの四つの柱は、(1)情報学という学問分野での「未来価値創成(学術創成)」をする、(2)大学共同利用機関として「情報学活動のナショナルセンター的役割」を果たす、(3)学術情報基盤(学術情報ネットワークやコンテンツ)の事業を展開・発展させる、(4)これらの活動を通して「人材育成」と「社会・国際貢献」に努めることである。[馬場錬成]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典の解説

国立情報学研究所

学術情報センターを廃止・転換して,情報学に関する総合研究と学術情報流通の基盤の開発整備のため,2000(平成12)年4月に設置され,2004(平成16)年4月から大学共同利用機関法人「情報・システム研究機構」の構成研究所となる.学術情報センターは,1986(昭和61)年に東京大学文献情報センターを改組,「学術情報システム」構想の中核機関として設置された大学共同利用機関であり,大学図書館などの目録作成支援,総合目録の作成,維持,それに相互貸借の支援などに大きな役割を果たした.国立情報学研究所は,書誌ユーティリティ機能である目録システムNACSIS-CAT,GiNii学術コンテンツ・ポータル(2005- )(旧 オンラインデータベースサービスNACSIS-IRおよび学術雑誌目次速報データベース),図書館相互貸借システムNACSIS-ILL(1992- ),CiNii Articles(2011- )(旧 電子図書館サービスNACSIS-ELSおよびNacsis Webcat),CiNii Books(2011- )(『学術雑誌総合目録』を継承した旧 NACSIS Webcat),Webcat Plus(2002- )などの運用を行っている.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国立情報学研究所の関連キーワード大学共同利用機関法人東京都千代田区一番町東京都千代田区九段南東京都千代田区麹町東京都千代田区三番町東京都千代田区千代田東京都千代田区隼町東京都千代田区富士見東京都千代田区四番町国立大学法人法案

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国立情報学研究所の関連情報