コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際婦人デー こくさいふじんデーInternational Women's Day

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際婦人デー
こくさいふじんデー
International Women's Day

毎年3月8日にもたれる,女性の解放と平和な社会の建設のための国際的記念日国際女性デーとも呼ばれている。 1908年3月8日,アメリカの女性が参政権などを要求して行なったニューヨークでのデモに由来するといわれ,10年にコペンハーゲンで開かれた第2インターナショナルの女性会議の席上,ドイツの社会主義者 C.ツェトキンが,アメリカでのこの運動を記念して,毎年3月8日を「女性の完全な政治的自由と平等,平和維持のために戦う日とする」ことを提案し,設けられた。日本では 22年3月8日,社会主義グループの水曜会,赤瀾 (せきらん) 会の人たちが,女性の政治的,社会的,経済的自由などを訴えて「女だけの演説会」を開いたのに始る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こくさい‐ふじんデー【国際婦人デー】

婦人の政治的解放をめざす国際的な連帯行動の日。毎年3月8日。1910年の国際社会主義婦人会議で、ドイツのクララ=ツェトキンが提唱。日本では1923年(大正12)から行われている。婦人の日

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

国際婦人デー【こくさいふじんデー】

女性の解放と生活権擁護の実現,さらには平和で幸福な社会の建設をめざす国際的記念日。3月8日。1904年ニューヨークで開かれた勤労婦人の参政権要求集会に由来し,1910年の第二インターナショナル大会で決定。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こくさいふじんデー【国際婦人デー】

女性解放と平和のために闘う国際的連帯行動の日。3月8日に各国で集会やデモ行進が行われる。国際社会主義労働運動の一環として創設された。1910年,第二インターナショナルの大会に先立って開かれた〈第2回国際社会主義婦人会議〉で,ドイツのクララ・ツェトキーンらによって提案され採択された決議文によれば,〈国際婦人デー〉は,(1)女性だけの運動ではなく,自国の労働者階級を代表する政治組織や労働組合組織といっしょに行われるものである,(2)女性の参政権をはじめとして,あらゆる女性の問題を社会主義の立場から取り上げる,(3)国際的な連帯のもとに行う,となっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国際婦人デー
こくさいふじんでー

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

国際婦人デーの関連キーワードロシア革命島野 初子女性運動島野初子赤瀾会丁玲

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android