コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

團伊玖磨 だんいくま

2件 の用語解説(團伊玖磨の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

團伊玖磨
だんいくま

[生]1924.4.7. 東京,東京
[没]2001.5.17. 中国,江蘇,蘇州
作曲家。団琢磨の孫。1942年に東京音楽学校に入学して下総皖一橋本国彦,細川碧に学ぶ。また,山田耕筰諸井三郎近衛秀麿に師事した。1950年 NHK創立25周年記念管弦楽曲募集コンクール(→日本放送協会)で『交響曲イ調』が特賞を受賞,作曲家としてデビュー

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

團伊玖磨
だんいくま
(1924―2001)

作曲家。東京生まれ。実業家団琢磨(だんたくま)の孫。1945年(昭和20)東京音楽学校(現東京芸術大学)を卒業。橋本国彦、諸井三郎らに作曲を師事。『交響曲イ調』(1949)でNHK創立25周年記念管弦楽懸賞特別賞を受賞し注目を集める。53年(昭和28)、黛敏郎(まゆずみとしろう)、芥川也寸志(あくたがわやすし)とともに「三人の会」を結成、同会で『ブルレスク風交響曲』(1954)、『管弦楽組曲「シルクロード」』(1955)などを発表。1952年に作曲したオペラ『夕鶴(ゆうづる)』(木下順二台本)を皮切りに、オペラとオーケストラ作品が創作活動の中心となる。おもなオペラには、日本の民族的題材を扱った『聴耳頭巾(ききみみずきん)』(1955)、『ちゃんちき』(1975)、社会的な題材を扱った心理劇『ひかりごけ』(1972)、神話を扱った『建・TAKERU』(1997)などがある。西洋近代音楽のスタイルに基づくオーケストレーションとオペラ作法が團の作品を特徴づけている。交響曲は全部で6曲作曲し、これらはウィーン交響楽団により録音されている。『ぞうさん』(1949)、『おつかいありさん』(1950)、『やぎさんゆうびん』(1952)などの童謡や、歌謡曲『花の町』(1947)のように広く親しまれている歌曲も多数残す。『パイプのけむり』シリーズをはじめ随筆家としても知られた。1973年芸術院会員、99年(平成11)文化功労者となる。[楢崎洋子]
『『團伊玖磨対談集――毒ヘビは急がない』『團伊玖磨対談集――さしたる用事はなけれども』(1973・読売新聞社) ▽『私の日本音楽史――異文化との出会い』(1999・日本放送出版協会) ▽團伊玖磨・NHK取材班著『追跡 ムソルグスキー「展覧会の絵」』(1992・日本放送出版協会) ▽小泉文夫・團伊玖磨著『日本音楽の再発見』(2001・平凡社) ▽『青空の音を聞いた――團伊玖磨自伝』(2002・日本経済新聞社) ▽『パイプのけむり』(朝日文庫) ▽神奈川芸術文化財団編・刊『Dan year 2000 團伊玖磨軌跡の全貌』(2000) ▽河野保雄著『音と日本人――近代日本の作曲家たち』(2001・芸術現代社) ▽小林淳著『日本映画音楽の巨匠たち3 木下忠司・團伊玖磨・林光』(2002・ワイズ出版)』
「團伊玖磨指揮、東京フィルハーモニー交響楽団演奏『團伊玖磨』(1997・東芝EMI) ▽上田仁指揮、東京交響楽団演奏『團伊玖磨』(1997・東芝EMI) ▽『日本合唱曲全集 團伊玖磨作品集』(1997・ビクターエンタテインメント) ▽團伊玖磨・山田一雄指揮、ウィーン交響楽団演奏『團伊玖磨:交響曲全集』CD4枚組(2001・ユニバーサルミュージック)」

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

團伊玖磨の関連キーワード高校野球父を売る子フランス映画甲子園球場リニューアル阪神甲子園球場リニューアル金大中オリンピックギュムリコフカサンクト・ペテルブルク

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

團伊玖磨の関連情報