コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひかりごけ

4件 の用語解説(ひかりごけの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

ひかりごけ

1992年公開の日本映画。監督・脚本:熊井啓、原作:武田泰淳による同名小説、脚本:池田太郎。出演:三國連太郎奥田瑛二田中邦衛、杉本哲太、津嘉山正種、内藤武敏、井川比佐志ほか。戦時中に実際に起きた人肉食事件をモチーフとする。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ひかりごけ

武田泰淳短編小説。後半が2幕の戯曲になっている。1954年(昭和29)《新潮》に掲載。1944年冬,羅臼沖で難破した軍用小船の船長ほか7名が避難した無人島で行った人肉食い事件を扱い,食わねば死ぬ極限状況をくぐりひとり生存した船長の,洞窟および彼を裁く法廷の場での異常な言動を通じ,何が善で何が悪か,罪なき人ありや,またその人間に他が裁けるか,等々の善と悪の価値基準に対し根源的な問いかけを迫る。武田の,戦場と敗戦時上海での極限体験から生まれた戦後の秀作。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひかりごけ

小説。武田泰淳作。1954年(昭和29)「新潮」に発表。第二次大戦中ペキン岬で起こった難破船の人肉食事件を主題に、極限状況下の人間の実存を問う。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ひかりごけ
ひかりごけ

武田泰淳(たいじゅん)の中編小説(後半は戯曲二幕)。1954年(昭和29)3月『新潮』に発表。同年7月新潮社刊の『美貌(びぼう)の信徒』に収録。第二次世界大戦中のある冬、知床(しれとこ)半島の羅臼(らうす)沖で陸軍の輸送船が難破する。船長と数名の船員が助かって洞窟(どうくつ)にこもるが、交通が途絶し食糧がない。死んだ仲間の人肉を食って、結局船長だけが生き残る。人肉食いが発覚して裁判に付せられる。裁判長の訊問(じんもん)に船長はただ「私は我慢しています」と答える。幕切れでは、裁判長、弁護士、傍聴の男女の上に、人肉食いの証拠とされる光の輪が広がる。極限状況のなかにおける生存と、罪の自覚の問題を深くえぐった思想的な名作である。[助川徳是]
『『ひかりごけ・海肌の匂い』(新潮文庫) ▽松原新一著『武田泰淳論』(1970・審美社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひかりごけの関連キーワード武田泰淳短編小説ヨフコフ掌編小説武田中編小説雁立喪神杢二の世界武田百合子

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ひかりごけの関連情報