コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひかりごけ

世界大百科事典 第2版の解説

ひかりごけ

武田泰淳短編小説。後半が2幕の戯曲になっている。1954年(昭和29)《新潮》に掲載。1944年冬,羅臼沖で難破した軍用小船の船長ほか7名が避難した無人島で行った人肉食い事件を扱い,食わねば死ぬ極限状況をくぐりひとり生存した船長の,洞窟および彼を裁く法廷の場での異常な言動を通じ,何がで何が悪か,罪なき人ありや,またその人間に他が裁けるか,等々の善と悪の価値基準に対し根源的な問いかけを迫る。武田の,戦場と敗戦時上海での極限体験から生まれた戦後の秀作

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ひかりごけ

小説。武田泰淳作。1954年(昭和29)「新潮」に発表。第二次大戦中ペキン岬で起こった難破船の人肉食事件を主題に、極限状況下の人間の実存を問う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ひかりごけ
ひかりごけ

武田泰淳(たいじゅん)の中編小説(後半は戯曲二幕)。1954年(昭和29)3月『新潮』に発表。同年7月新潮社刊の『美貌(びぼう)の信徒』に収録。第二次世界大戦中のある冬、知床(しれとこ)半島の羅臼(らうす)沖で陸軍の輸送船が難破する。船長と数名の船員が助かって洞窟(どうくつ)にこもるが、交通が途絶し食糧がない。死んだ仲間の人肉を食って、結局船長だけが生き残る。人肉食いが発覚して裁判に付せられる。裁判長の訊問(じんもん)に船長はただ「私は我慢しています」と答える。幕切れでは、裁判長、弁護士、傍聴の男女の上に、人肉食いの証拠とされる光の輪が広がる。極限状況のなかにおける生存と、罪の自覚の問題を深くえぐった思想的な名作である。[助川徳是]
『『ひかりごけ・海肌の匂い』(新潮文庫) ▽松原新一著『武田泰淳論』(1970・審美社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ひかりごけの関連キーワード宍倉 正信武田 泰淳團 伊玖磨渡部友一郎松田洋治團伊玖磨三谷侑未水島 弘大倉マヤ団伊玖磨植村恵難破船実存主題光蘚

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ひかりごけの関連情報