コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木下順二 きのしたじゅんじ

5件 の用語解説(木下順二の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木下順二
きのしたじゅんじ

[生]1914.8.2. 東京,文京
[没]2006.10.30. 東京,文京
劇作家。少年時代から旧制第五高等学校卒業まで熊本で過ごし,東京帝国大学英文学科を卒業。 1941年同大学院修了。大学で中野好夫に師事,特にシェークスピアを研究した。入営を前に初の戯曲『風浪』を書き上げ,1946年民話劇『二十二夜待ち』『彦市ばなし』『鶴女房』および『風浪』 (改稿,1947) と次々と作品を発表,劇作家として認められた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きのした‐じゅんじ【木下順二】

[1914~2006]劇作家。東京の生まれ。東大卒。「彦市ばなし」「夕鶴」などの民話劇と「山脈(やまなみ)」などのリアリズム演劇で、戦後の演劇界を代表する存在となる。演劇論・評論のほかシェークスピア作品の翻訳も多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

木下順二【きのしたじゅんじ】

劇作家。東京生れ。東大英文卒。第2次大戦後《彦市ばなし》《三年寝太郎》などの民話劇,《風浪》などの史劇で認められた。また山本安英とともに劇団〈ぶどうの会〉を指導,民話劇《夕鶴》(1949年)は代表作として知られ,オペラ化された。
→関連項目宇野重吉岡倉士朗

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木下順二 きのした-じゅんじ

1914-2006 昭和後期-平成時代の劇作家。
大正3年8月2日生まれ。「山脈(やまなみ)」「夕鶴」で好評を博し,現代劇と民話劇とで戦後の演劇界をリードする。昭和22年「風浪」で岸田演劇賞,53年「子午線の祀(まつ)り」で読売文学賞。61年朝日賞。平成2年「木下順二集」ほかで毎日芸術賞。演劇論やシェークスピア作品の翻訳もおおい。平成18年11月30日死去。92歳。東京出身。東京帝大卒。作品はほかに「オットー呼ばれる日本人」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木下順二
きのしたじゅんじ
(1914―2006)

劇作家。大正3年8月2日東京・本郷に生まれる。小学4年から旧制第五高等学校にかけては熊本で過ごす。1939年(昭和14)東京帝国大学英文科卒業、大学院に進む。第二次世界大戦中、日本の民話を素材にした戯曲を書き、戦後の46年(昭和21)に『二十二夜待ち』『彦市(ひこいち)ばなし』を加筆せず発表。以後、新作の『赤い陣羽織』『三年寝太郎』(ともに1947)、改作の『夕鶴(ゆうづる)』(1949)など、一連の「民話劇」を発表し、『夕鶴』により毎日演劇賞を受けた。新劇の大衆化の試みであった。他方、明治維新期の青年群像を描いた『風浪(ふうろう)』(1947)を発表。以後、民話劇とは別系統の本格的な戯曲『山脈(やまなみ)』(1949)、『暗い火花』(1950)、『蛙(かえる)昇天』(1951)、『沖縄』(1961)などを発表し、リアリズムの流れにたつ戦後の劇作家の第一人者として活躍。近代の日本語を国民の生活に根ざしたことばとして発展させ、その凝縮したものとしての戯曲の台詞(せりふ)、舞台のことばを確立させるという問題意識からの発言、試みを続けてきた。その一つの集大成が、評論的な作品『戯曲の日本語』(1982)である。またこの志向と交錯して、詩・小説とは異なる戯曲(ドラマ)とは何かをめぐって思索をめぐらし、「ドラマ」ということばを使ったタイトルの評論集を数冊刊行してきたが、その総括的な入門書として『“劇的”とは』(1995)がある。また、この「民衆的で劇的な」という2点を体現したシェークスピアとの取り組みも長期にわたり、その結実の一つはシェークスピアの悲劇・喜劇15編を改訳した八巻本『シェイクスピア』(1988~89)である。こういう演劇的な試みと平行し、1955年のアジア諸国会議や世界平和大会への参加など、良心的、進歩的な社会発言と行動もみせてきた。ほかに、ゾルゲ事件の尾崎秀実(ほつみ)をモデルにした『オットーと呼ばれる日本人』(1962)、日本人の戦争犯罪の問題を追求した二部作『神と人とのあいだ』(1970)、『平家物語』を踏まえた『子午線の祀(まつ)り』(1978)、ポーランドのジスワフ・スコブロンスキのテレビドラマ『巨匠』を踏まえて、時代状況と向き合わない危機意識の薄さに警鐘を発した『巨匠』(1991)、小説『無限軌道』(1965)、『本郷』(1983)などがある。[祖父江昭二]
『『木下順二作品集』全8巻(1961~71・未来社) ▽『木下順二評論集』全11巻(1972~84・未来社) ▽『木下順二集』全16巻(1988~89・岩波書店) ▽『人間・歴史・運命――木下順二対話集』(1989・岩波書店) ▽木下順二著『あの過ぎ去った日々』(1992・講談社) ▽木下順二著『生きることと創ることと』(1994・人文書院) ▽木下順二著『“劇的”とは』(1995・岩波書店) ▽木下順二著『日本語について』(1997・労働旬報社) ▽『木下順二戯曲選』全4巻(岩波文庫) ▽宮岸泰治著『木下順二論』(1995・岩波書店) ▽新藤謙著『木下順二の世界』(1998・東方出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の木下順二の言及

【夕鶴】より

…木下順二(1914‐ )の戯曲。1949年1月《婦人公論》発表,同年10月ぶどうの会が岡倉士朗演出・山本安英主演によって初演し,85年4月まで1024回上演された。…

※「木下順二」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

木下順二の関連キーワード大野正男金子卓義小松伸六白土吾夫辻隆角田達郎林基正森成二山本悟劉蒼居

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone