土芳(読み)とほう

百科事典マイペディアの解説

土芳【どほう】

江戸中期の俳諧師木津氏に生まれ,伊賀上野の藤堂藩士服部家の養子となった。本名,保英(やすひで)。通称,半左衛門。初号,芦馬(ろば)。別号,蓑虫庵(みのむしあん),些中庵(さちゅうあん)。9歳のとき芭蕉から俳諧を学び,29歳のとき20年ぶりに芭蕉と再会。32歳で致仕して隠棲し,俳諧に専念して伊賀蕉門の中心的存在となった。芭蕉の教えをまとめた《三冊子》を著し,芭蕉作品の集大成《蕉翁句集》《蕉翁文集》《おくの細道》の三部の書を編集した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

どほう【土芳】

1657‐1730(明暦3‐享保15)
江戸前・中期の俳人。姓は服部,通称は半左衛門保英(やすひで)。初号は芦馬(ろば)。伊賀の人。木津孫次良保阿の五男で,服部家の養嗣子となり,伊賀藤堂藩に仕える。1665年(寛文5),9歳のとき芭蕉から俳諧の手ほどきを受けたという。85年(貞享2),20年ぶりに芭蕉に会い,再び俳諧に関心を抱き,3年後官を辞した。芭蕉から贈られた〈みのむしの音を聞きに来よ草の庵〉の面壁達磨(だるま)画賛にちなんで蓑虫庵(みのむしあん)(のちに些中庵(さちゆうあん)とも)と名づけた庵に住し,土芳と改号,俳諧に専念し,伊賀蕉門の中心人物となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の土芳の言及

【三冊子】より

…江戸中期の俳諧論書。蕉門の俳人,服部土芳の遺著《白さうし》《赤さうし》《忘れ水》の総称。1702‐03年(元禄15‐16)に成り,1776年(安永5)に闌更の序を付して伊賀の内神屋三四郎などから刊行された。…

※「土芳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土芳の関連情報