コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

在宅ケア ザイタクケア

4件 の用語解説(在宅ケアの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ざいたく‐ケア【在宅ケア】

寝たきり老人・独居老人・長期療養患者・心身障害者など、社会的援護を必要とする人々に対して、施設に収容せず在宅のままで福祉・医療サービスを提供すること。在宅福祉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

在宅ケア【ざいたくケア】

在宅福祉サービスの一つで,家庭において行われる介護サービスのこと。病院,長期療養施設,老人ホームなどで行われる〈施設ケア〉に対して使われる言葉。対象となる患者は,おもに慢性疾患をもつ虚弱および介護を必要とする高齢者および障害者で,常時医療の管理下におく必要のない者。
→関連項目ソーシャル・ワーカー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

家庭医学館の解説

ざいたくけあ【在宅ケア】

望ましい在宅医療とは
 いろいろなアンケート調査では、自分ががんの末期状態になった場合は、自宅で最期を過ごしたいと答える人が圧倒的に多いのですが、現実には、約8割の人が病院で死を迎えています。
 理由の1つには、介護(かいご)に専念できる家族がいない、住宅が狭く病室を整えられないなどの事情が考えられます。また、病状が悪化したとき、すぐに対応できないという不安もあるでしょう。
 また医療面では、進行がんや末期がんに特有の症状をコントロールするには高度の医療・看護技術が必要で、在宅ではむずかしいことです。さらに、現状では、往診医や訪問看護ヘルパーなどによるサポート態勢や、経済面での援助が十分でないため、在宅での医療を望んでも実現するのは困難な状況です。これらの問題点を考慮して社会的な支援システムを整えることが、今後の大きな課題です。
●自宅で可能な治療
 現在、在宅ケアを望む場合、自宅で可能とされる治療はつぎの3つです。退院前に、患者さんや介護する家族への十分な説明と治療技術の実施訓練が行なわれます。
①在宅栄養管理
 口から食事をとれないときに行なわれる治療で、2つの方法があります。1つは中心静脈栄養法(ちゅうしんじょうみゃくえいようほう)で、胸かくびの部分から心臓に近い中心静脈に挿入したカテーテル(細い管)を通して、栄養剤(輸液(ゆえき))を注入します。もう1つは経腸栄養法(けいちょうえいようほう)で、鼻またはわき腹からカテーテルを挿入し、胃や小腸に流動食を注入します。
②在宅化学療法
 抗がん剤などの薬剤を注入ポンプで動脈に注入する動脈内注入化学療法(どうみゃくないちゅうにゅうかがくりょうほう)や、薬を内服か点滴で静脈に注入する全身化学療法(ぜんしんかがくりょうほう)です。
③在宅疼痛管理(ざいたくとうつうかんり)
 鎮痛効果の高いモルヒネを、内服、坐薬(ざやく)、点滴(てんてき)、静脈注射などの方法で使用します。
 以上のように自宅で治療を続けても、再入院して治療する必要が出てくることもあるでしょう。末期がんであれば、介護に疲れた家族のために、一時的にホスピスの施設を利用する方法もあります。
 施設側と家族側が連携(れんけい)して、患者さんの満足できる在宅ケアが行なわれることが望まれます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

大辞林 第三版の解説

ざいたくケア【在宅ケア】

ホーム-ヘルパーの派遣など、福祉の援助を必要とする在宅者に対して、家族による介護・看護を社会的に補う福祉サービス。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

在宅ケアの関連キーワード在宅医療色んな雑品諸道望ましい万屋貝尽しバラエティーミートお魚いろいろずきんもいろいろ そうじもいろいろ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

在宅ケアの関連情報