コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地層累重の法則 チソウルイジュウノホウソク

7件 の用語解説(地層累重の法則の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちそうるいじゅう‐の‐ほうそく〔チソウルイヂユウ‐ハフソク〕【地層累重の法則】

重なり合う二つの地層がある場合、上の地層は下の地層よりも新しいという法則。17世紀デンマークの科学者ニコラウス=ステノが提唱し、18世紀英国の土木技師ウィリアムスミス層序学の基本原則として確立した。ステノスミスの法則

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

地層累重の法則【ちそうるいじゅうのほうそく】

地質学の基本法則の一つ。〈互いに重なる地層において,もともと下にあるものは,上にあるものよりも古い〉といい表される。地球の歴史を編む際,地層の新旧を決定する場合のよりどころとなる。
→関連項目ステノ地質学地層

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

法則の辞典の解説

地層累重の法則【law of superposition,principle of superposition】

ステノ‐スミスの法則*ともいう.相重なる二つの地層のうち,本来下位にあった地層は上位の地層より必ず古い.1764年,デンマークのステノ(N. Steno)の発見になる.後,1791年に英国のスミス(W. Smith)が基本法則として定立した.層位学の基礎である.堆積層では最も上(高いところ)にあるものが最も新しく,下にあるものほど古い地層である.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

地層累重の法則

層状の岩石で乱されていない層位学的な順序は,上部の岩石は底の岩石よりも若いという規則[Steno : 1669, Dumbar & Rodgers : 1963].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ちそうるいじゅうのほうそく【地層累重の法則 principle of superposition】

W.スミスによって始められた層位学の二つの基本法則の一つで,もし一連の岩石が他の岩石の上に重なっており,構造的に逆転などしていない場合には,上にのる岩石が新しいという意味である。相重なる二つの地層の空間的上下関係から時間的前後関係を読みとることができる。地層【加賀美 英雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちそうるいじゅうのほうそく【地層累重の法則】

互いに重なり合う二つの地層のうち、本来下にあったものは上のものより古い時代にできた、という基本法則。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地層累重の法則
ちそうるいじゅうのほうそく

地層が何層にもわたって積み重なっているとき、地層全体が後の褶曲(しゅうきょく)などで逆転していない限り、上位の地層のほうが下位の地層よりも若いという地質学の根本法則。累重の法則ともいう。層序学、生層序学など、地球年代学の基礎となる学問はすべてこの法則に基づいている。
 地層累重の法則はデンマークのステノによって、1669年に初めて明らかにされた。そのころには、まだ地層の重なり方や、地層の形成された順序・時代などについての概念がよく理解されておらず、この法則の発見以後、地層の層序という概念がはっきり理解されるようになった。このことにより、各地域で層序が明らかとなり、また互いに離れた地域での地層の層序を対比することが可能となった。その後、イギリスのW・スミスによって、同じ層準の地層からは同種の化石が産出することが明らかにされ、ひいては化石を利用して地層の対比が行われるに至った。このように、一見きわめて当然にみえる法則であるが、地質学の発展上与えた影響は大きい。[村田明広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の地層累重の法則の言及

【地質時代】より

…第2の方法は,地表にあらわれた岩層について,岩層相互の関係を調べ,岩層が生成された順序に配列することにより,地球の歴史を刻んだ一連の岩層の重なりを復元することである。これには地層累重の法則と交叉切りの法則と呼ばれる,二つの地質学の経験法則が使われる。地層累重の法則とは,上位にあるものはあとで重なったという法則で,いろいろな場所で異なった地層の上下関係を知ると,より下位の地層ほどより古い地球の歴史を刻んでいることがわかる。…

【地層】より

…(1)堆積層は固まった基盤の上に形成される,(2)したがって下の基盤層は新規の堆積の始まる前に固結していなければならない,(3)一つの層は地表をすべて覆っているか,または他の層によって局限されて分布する,(4)一連の堆積が継続中はそこに水が存在して沈殿が行われるのであるから,その下にある地層は上のものより古い。このステノが観察したものが,地史学における基本的概念の一つといわれる〈地層累重の法則〉に発展する。18世紀になって,現代地質学が確立していくが,その間に貢献のあった2人を挙げるとJ.ハットンとW.スミスである。…

※「地層累重の法則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

地層累重の法則の関連キーワード層位学ケアレスミスバプテスト教会土壌層位学的単位マール・スレート初期連続性の法則層位学の基本法則地質学の基本原理地層同定の法則ツィルケルの分類

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone