コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地方事務所 ちほうじむしょ

5件 の用語解説(地方事務所の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地方事務所
ちほうじむしょ

普通地方公共団体の長が,その権限に属する事務を地域的に分掌させるために置く出先機関都道府県にあっては支庁および地方事務所を,市町村にあっては支所または出張所を,条例で設けることができる (地方自治法 155) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちほう‐じむしょ〔チハウ‐〕【地方事務所】

都道府県知事がその権限に属する事務を分掌させるため、条例で管内の必要な地に設置する出先機関。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

地方事務所【ちほうじむしょ】

都道府県の知事が,その権限に属する事務を分掌させるため設ける都道府県の出先機関。その位置・名称・所轄区域については条例で定める。福祉事務所税務事務所東京事務所などと呼ばれるものもその例。
→関連項目支庁

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちほうじむしょ【地方事務所】

都道府県知事が,その権限に属する事務を分掌させるため,条例で,必要な地に設ける出先機関(地方自治法155条)。もともとは第2次大戦中の1942年に戦争目的を末端まで浸透させ,また行政事務の敏速化を図るために設けられたものである。【黒田 満】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地方事務所
ちほうじむしょ

元来は第二次世界大戦中に戦争目的を末端にまで浸透させ、かつ行政事務の敏速化を図るために設けられた町村に対する指導監督機関。独立の機関でなく、府県知事の補助機関であった。戦後、府県の町村に対する監督権の消滅により知事が任意に設置できることになった。現行地方自治法第155条の規定に即していえば、都道府県において、知事がその権限に属する事務を分掌させるために設置する都道府県の総合出先機関であり、名称は異なるが、支庁とその法律上の性質を同じくする。地方事務所は必要な地に条例で設置され、その位置、名称および所管区域も条例の定めるところによる。市町村においてこれに相当するのは支所、出張所である。[平田和一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地方事務所の関連キーワード一部事務組合職務執行命令副知事支庁都道府県議会都道府県知事都道府県道専任の取引主任者都道府県知事免許権限移譲

地方事務所の関連情報