地方事務所(読み)ちほうじむしょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地方事務所
ちほうじむしょ

普通地方公共団体の長が,その権限に属する事務を地域的に分掌させるために置く出先機関都道府県にあっては支庁および地方事務所を,市町村にあっては支所または出張所を,条例で設けることができる (地方自治法 155) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちほう‐じむしょ〔チハウ‐〕【地方事務所】

都道府県知事がその権限に属する事務を分掌させるため、条例管内の必要な地に設置する出先機関。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

地方事務所【ちほうじむしょ】

都道府県の知事が,その権限に属する事務を分掌させるため設ける都道府県の出先機関。その位置・名称・所轄区域については条例で定める。福祉事務所,税務事務所,東京事務所などと呼ばれるものもその例。
→関連項目支庁

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちほうじむしょ【地方事務所】

都道府県知事が,その権限に属する事務を分掌させるため,条例で,必要な地に設ける出先機関(地方自治法155条)。もともとは第2次大戦中の1942年に戦争目的を末端まで浸透させ,また行政事務の敏速化を図るために設けられたものである。【黒田 満】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地方事務所
ちほうじむしょ

元来は第二次世界大戦中に戦争目的を末端にまで浸透させ、かつ行政事務の敏速化を図るために設けられた町村に対する指導監督機関。独立の機関でなく、府県知事の補助機関であった。戦後、府県の町村に対する監督権の消滅により知事が任意に設置できることになった。現行地方自治法第155条の規定に即していえば、都道府県において、知事がその権限に属する事務を分掌させるために設置する都道府県の総合出先機関であり、名称は異なるが、支庁とその法律上の性質を同じくする。地方事務所は必要な地に条例で設置され、その位置、名称および所管区域も条例の定めるところによる。市町村においてこれに相当するのは支所、出張所である。[平田和一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地方事務所の関連情報