坂野比呂志(読み)さかの ひろし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂野比呂志 さかの-ひろし

1911-1989 昭和時代の漫談家。
明治44年10月6日生まれ。活動弁士をへて,浅草オペラ田谷力三エノケン(榎本健一)の舞台をふみ,戦後も寄席や演芸場に出演,浅草名物の芸人となった。「ガマの油売り」「バナナのたたき売り」などの大道芸で,昭和57年日本芸術祭大賞。平成元年5月25日死去。77歳。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android