コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香具師 やし

知恵蔵の解説

香具師

かぐし」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こうぐ‐し〔カウグ‐〕【香具師】

香具を作り、また、売る人。香具屋。
やし(香具師)」に同じ。

や‐し【香師/野師/野士/弥四】

盛り場・縁日祭礼などに露店を出して商売したり、見世物などの興行をしたりする人。また、露天商の場所割りをし、世話をする人。的屋(てきや)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

香具師【やし】

矢(野),弥四とも書き,的屋(てきや)ともいう。縁日・祭礼等人出の多い所で興行し,商売する露天商人。→露天商
→関連項目隠語兄弟分大道商人松井源水

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やし【香具師】

祭礼,盛り場,縁日などで客を集めて商売をする露天商人。〈てきや〉ともいう。ヤシの呼称の由来には諸説あるが,薬師(やくし)の〈く〉が略されたものという説がある。野士という字が当てられたこともある。商売の仕方によって,大地に座って威勢よく啖呵(たんか)(口上)をつけるコロビ,居合抜きその他で大勢人を集める大ジメ,組立店のサンズン,風船・飴などを売るコミセ,興行のタカモノなどに分かれる。その起源については,香具師の親分連が秘蔵する《十三香具・虎之巻》によれば,源頼朝の密命を受けた長野録郎高友が薬売りをしながら各地で隠密探索をしたことに始まり,大岡越前守のとき,具師が隠密をして犯人逮捕に協力することとひきかえに営業を公許されたとか,香具師は聖徳太子の二子に始まるとするなどの伝承があるが,定かではない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうぐし【香具師】

香具を作る人。また、それを売る人。香具屋。
やし(香具師)。てきや。香具屋。 「 -のいひぐさをよく覚えたぜ/滑稽本・浮世床 2

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

香具師
やし

「野師」「矢師」「弥四」とも書く。「的屋 (てきや) 」ともいう。縁日,祭礼など人出の多いところや,盛り場,街頭などで,居合抜 (いあいぬき) ,独楽 (こま) 回し,手品,へび遣い,曲芸などの見世物を演じながら,各種の薬品,商品を売る者。親分格の者が,場所割当てなど全般にわたって支配権をもち,のちには香具師とは別の露天商人をも支配するようになった。この慣行は,現在でも残っている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

香具師
やし

露天商の一種。18世紀初めに京都、大坂、江戸の香具職たちが職法の式目(法規)を改定しているが、そのころには生まれていた職業と考えられる。中国古代の伝説上の帝王である神農(しんのう)氏を守護神としている。十三香具師(十三の職種)といわれ、薬売り、居合(いあい)抜き、曲鞠(きょくまり)、果物売り、小間物売りといった小商人と遊芸人とであった。薬売りが主で、居合抜き、曲鞠などの芸は実は売りつける手段でもあった。19世紀には江戸幕府は取締令を出している。19世紀後半からは的屋(てきや)ともいわれるようになった。また、各地に露天商組合ができ、1924年(大正13)には大阪で香具師同士の生活保護策も講じられたこともある。集団は家名をもち、博徒のように一家の親分・子分・兄弟分・新入りといった縦の秩序は厳しい。すなわち、入門・破門・破門解除といった手続も、本人の行状と親分の裁定により決まる。仁義、旅の慣行もあり、その規律は今日もほとんど同様である。近世では、空き地で弁舌巧みに薬などを売る大〆(おおじめ)、地面に座るか卓を置いて新案品を売る転(ころび)、盛り場などの組立て式の床店(とこみせ)の三寸、夜見世また縁日で女子供相手に風船・飴(あめ)などを売る小店(こみせ)が出現した。近代になると、興行師の高者(たかもの)、縁日の植木屋の木(ぼく)というような商売の仕方による種別が加わった。香具師の語源については、いろいろ説があり決定していない。野士と書いて野武士の後裔(こうえい)であるといい、また弥四と書いて弥四郎という者が初めて売薬行商をしたからという説もある。野師・矢師・八師とも書く。香具師(こうぐし)とも読み、香具(薫物(たきもの)・香道具)を売る者をいい、香具売りは17世紀にはいたようである。それがやしとなったのは18世紀のころであろうが、その理由はわからない。[遠藤元男]
『添田知道著『香具師の生活』(1964・雄山閣出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の香具師の言及

【市】より

…六斎市はしだいに退化し,日常生活用品を売買する市は盆市,暮市など年2回の市となったり,または寺社の縁日・祭礼の市となって娯楽の性質を帯びるようになった。こうした市に店を出す商人として香具師(やし)が組織化されていき,香具師商人は1735年(享保20)十三香具仲間として公認された。十三香具は,居合抜,曲鞠,唄廻し,覗,軽業,見世物,懐中掛香具売,諸国妙薬取次売,江戸京都大坂田舎在々売通売,辻療治膏薬売,蜜柑梨砂糖漬売,小間物売,火打火口売の13業種の商人で,演芸的色彩が濃く,各地の市を回って営業した。…

【縁日】より

… この縁日は,都市寺院の門前町形成の大きな要因となった。縁日商人(あきんど)という言葉が示すように,寺の門前には縁日になると露店を出して商う香具師(やし)の集団が集結した。むしろ縁日に立つ市は,香具師仲間によって運営される習慣が江戸時代末期には一般化しており,近代以降になお引き継がれた。…

【大道芸】より


[日本]
 ほとんどすべての芸能は,その発生期においては屋外の大地の上で行われており,むしろ芸能にあっては,長く〈屋外の芸〉もしくは〈大道の芸〉という芸態が当然のことであった。しかし,特に近世以降に人形浄瑠璃,歌舞伎といった舞台芸能が発展すると,〈門付(かどづけ)芸〉〈見世物〉〈物売り(香具師(やし))の芸〉なども広く含めたもろもろの大道の雑芸(ざつげい)は,舞台芸能とははっきり区分けされて意識されるようになった。そしてこの大道芸も,江戸時代を通じてかなり複雑多岐に分化し,最大の繁栄をみせるのであるが,その種類は,節季候(せきぞろ),万歳(まんざい),猿回し春駒(はるこま),獅子舞大黒舞,夷舞(えびすまい),ちょろけん,祭文(さいもん)語り(祭文),説経語り(説経),鉢叩(はちたたき),人形回し,太神楽(だいかぐら),鳥追(とりおい),絵解き八丁鉦(はつちようがね),門談義,辻謡曲,太平記読み,大道講釈,乞食芝居,声色(こわいろ),一人(ひとり)相撲,曲鞠(きよくまり),曲独楽(きよくごま),のぞきからくり,居合抜(いあいぬき)(居合)等々,実に300種以上にものぼるといわれる。…

【てきや】より

…祭礼や縁日,盛場などで商売をする大道商人。香具師(やし)ともいう。1872年香具師という名称を停止する布告が出されたのちにできた呼称と思われる。…

【物売】より

…一方,乾見世は〈天道ぼし〉ともいい,これには,唐辛子売,枇杷葉湯(びわようとう)売,スイカの切売,火打鎌売,古着・古道具売などがあった。 このほか,物売には季節ごとに入用な物を売る際物師(きわものし)と,香具師(やし)があった。際物師には正月の祝物,2日のお宝(宝船)売,7日のナズナ売,15日の削掛け売,三月節供の雛祭の諸物売,七夕の竹や短冊売,盆のおがら売,12月のしめ縄売,飾松売などがあった。…

※「香具師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

香具師の関連キーワード「男はつらいよ 寅次郎忘れな草」蝦蟇の油・蝦蟆の油落とし前・落し前浪曲師朝日丸の話御控えなすって室町 京之介男はつらいよ仁義を切るミミのこと添田 知道ガマの油売ももんがあ阪東文治郎幻妻・衒妻田中小実昌時田喜三郎蝦蟇の油啖呵売り小沢昭一車寅次郎

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

香具師の関連情報