コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明浜 あけはま

3件 の用語解説(明浜の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明浜
あけはま

愛媛県南西部,西予市の西端に位置し,宇和海に面する地区。旧町名。 1958年豊海村と高山村が合体して町制。 2004年4月宇和,野村,城川,三瓶の4町と合併し市制。リアス海岸が続く沿岸部では標高 300~500m級の山が海に迫り,段々畑が多い。定置網一本釣り漁業,ミカン栽培,真珠とハマチの養殖が行なわれる。野福峠 (420m) からの宇和海の展望はすばらしく,愛媛八景の一つ。江戸時代後期から明治年間にかけてクジラの捕獲が行なわれ,鯨塚が3基残されている。東部の俵津に伝わる県指定民俗文化財の俵津文楽は有名。沿岸部を国道 378号線が通る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

明浜(メイヒン)

和歌山県西牟婁郡白浜町、アドベンチャーワールドで2006年に誕生したジャイアントパンダのオス。愛浜(アイヒン)(メス)と双子。2011年、和歌山県勲功爵(わかやまでナイト)の称号を授与。2012年12月、中国に移送。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

明浜
あけはま

愛媛県南西部、東宇和郡にあった旧町名(明浜町(ちょう))。現在は西予(せいよ)市西部を占める一地区。1958年(昭和33)高山村、豊海(とよみ)村が合併して町制施行。2004年(平成16)、西宇和郡の三瓶(みかめ)、東宇和郡の宇和、野村、城川(しろかわ)の4町と合併して市制施行、西予市となる(なお、この合併により東宇和郡は消滅)。旧明浜町は宇和海に臨み、町名は旧町役場所在地高山の古名である明浜による。国道378号が海岸沿いに通じる。平地に乏しく段畑地帯で、ミカン栽培やハマチ・真珠養殖が主。高山には石灰岩があり、宇和島藩時代から消石灰の生産で知られた(鉱山は昭和50年代に閉鎖)。俵津(たわらづ)には淡路文楽が伝承され、俵津文楽として県指定無形民俗文化財、また多数の人形頭(がしら)や衣装は県指定有形民俗文化財、俵津文楽会館で公演や資料展示が行われている。高山、俵津、宮之浦にはクジラ塚がある。海岸線は佐田岬半島宇和海県立自然公園に含まれている。[横山昭市]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

明浜の関連情報