コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

基本振動 きほんしんどうfundamental vibration

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

基本振動
きほんしんどう
fundamental vibration

固有振動数が倍数関係にある固有振動のなかで,最小の振動数をもつ単振動。基本振動の整数倍の振動数をもつ固有振動は倍振動と呼ばれる。弦の振動は基本振動と多数の倍振動との合成とみなすことができ,これを調和解析という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きほん‐しんどう【基本振動】

振動体の固有振動のうち、もっとも振動数が小さい振動。高調波に対する基本波も指す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きほんしんどう【基本振動】

物体に固有の振動のうちで振動数の最も小さい振動。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

基本振動
きほんしんどう

両端を固定した弦の振動には、多数の基準振動が生ずるが、振動数最低の振動においては、波長は弦の長さの半分に等しい。この振動を弦の基本振動とよぶ。弦の基準振動には、この基本振動の振動数の2倍、3倍、……など整数倍の振動数をもち、波長が基本振動の波長の2分の1、3分の1、……など整数分の1に等しい振動も生ずる。これらの振動は倍振動とよばれる。弦の横振動に限らず、管の中の空気や棒の縦振動の基準振動においても、基本振動、倍振動が生ずる。[飼沼芳郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の基本振動の言及

【固有振動】より

…図からわかるように弦の固有振動は,弦の上に生ずる定常波で両端が節になっているものにほかならない。またこのようにいくとおりもの固有振動がある場合には,その中で振動数がもっとも低いものを基本振動fundamental vibration,その他を倍振動という。実際に物体が振動する際には,一般に基本振動といくつかの倍振動が重なり合った振動が起こる。…

※「基本振動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

基本振動の関連キーワードメルセンヌの法則超音波低調波基本音波動物体縮退基音共振

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android