コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀一郎 ほりいちろう

3件 の用語解説(堀一郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

堀一郎
ほりいちろう

[生]1910.3.19. 大阪
[没]1974.8.10. 東京
宗教民俗学者。 1932年東京帝国大学文学部を卒業し,二松学舎大学國學院大學東北大学東京大学成城大学で教授した。 1956~58年にはロックフェラー財団に招かれてアメリカに留学し,1965年にはシカゴ大学で講義を行なった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀一郎 ほり-いちろう

1910-1974 昭和時代の宗教学者。
明治43年3月19日生まれ。東北大教授などをへて,昭和40年東大教授,45年成城大教授。日本宗教史を研究,宗教民俗学を提唱する。晩年は新宗教などの宗教現象学の分野へすすんだ。昭和49年8月10日死去。64歳。三重県出身。東京帝大卒。著作に「民間信仰」,「我が国民間信仰史の研究」(昭和31年学士院賞)など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

堀一郎
ほりいちろう
(1910―1974)

宗教民俗学者。三重県出身。1932年(昭和7)東京帝国大学文学部印度哲学科卒業。国学院大学、東北大学、東京大学、成城大学の教授を歴任。日本仏教史の研究から出発して宗教民俗学という新しい分野を開拓した。毎日出版文化賞受賞の『民間信仰』は宗教民俗学の体系化を意図したもので、その他の主要著書に、日本学士院賞受賞の『我が国民間信仰史の研究』や『日本宗教の社会的役割』『民間信仰史の諸問題』『聖と俗の葛藤(かっとう)』などがある。[伊藤幹治]
『『我が国民間信仰史の研究』2冊(1953、1955・東京創元社) ▽『聖と俗の葛藤』(1975・平凡社/平凡社ライブラリー)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

堀一郎の関連キーワード宇野円空教学ティーレ赤松智城石津照璽石橋智信小口偉一佐木秋夫増谷文雄村上重良

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

堀一郎の関連情報