コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀内敬三 ホリウチケイゾウ

デジタル大辞泉の解説

ほりうち‐けいぞう〔‐ケイザウ〕【堀内敬三】

[1897~1983]音楽評論家。東京の生まれ。ラジオの音楽番組などを通して洋楽普及尽力「音楽五十年史」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀内敬三 ほりうち-けいぞう

1897-1983 昭和時代の音楽評論家。
明治30年12月6日生まれ。NHKで洋楽を担当。松竹大船撮影所音楽部長,日大教授をへて,音楽之友社を設立,雑誌「音楽之友」を創刊。戦後はNHKラジオ「話の泉」などに出演してしたしまれた。昭和58年10月12日死去。85歳。東京出身。ミシガン大卒,マサチューセッツ工科大大学院修了。著作に「音楽五十年史」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

堀内敬三
ほりうちけいぞう
(1897―1983)

音楽評論家。東京生まれ。東京高等師範附属中学を経てアメリカに留学、ミシガン工科大学卒業、マサチューセッツ工科大学大学院修了。留学中も作曲と音楽史を研究し、1923年(大正12)帰国後は、日本放送協会嘱託(1926~33)として洋楽を担当。第二次世界大戦後はNHKラジオ『話の泉』のレギュラー、『音楽のたのしみ』の解説などを通じて広く洋楽の普及に努め、50年(昭和25)にはNHK放送文化賞を受賞。主著『音楽五十年史』『ヂンタ以来(このかた)』『日本の軍歌』など。オペラ・アリア、歌曲の訳詞も多く、慶応義塾応援歌『若き血に燃ゆる者』の作詞・作曲者でもある。[柴田典子]
『『音楽五十年史』上下(講談社学術文庫) ▽『堀内敬三 音楽の泉』全三冊(1984・音楽之友社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

堀内敬三の関連キーワードモーツァルトの子守唄江木 理一高階 哲夫菅原 明朗小学唱歌昭和時代冬の星座三匹の蜂軍歌堀内家路

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

堀内敬三の関連情報