コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀切峠 ほりきりとうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

堀切峠
ほりきりとうげ

宮崎県南東部,宮崎市から日南海岸にいたる途中にある峠。標高約 60m。眼下紺碧日向灘青島の鬼の洗濯板 (縞模様の波状岩) を望む。日南海岸随一の展望所。沿道にはフェニックスハマユウハイビスカスのほか,約1万本のヤマザクラが植えられ,四季を通じて観光客でにぎわう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほりきりとうげ【堀切峠】

宮崎県宮崎市南部,鵜戸(うど)山地の東端にあたる峠。標高61m。雄大な海景で有名な日南海岸国立公園中の名所。国道220号線が青島付近で海岸を離れ,約3km南下すると,突然眼前に日向灘が広がり,崖下には波状岩の海岸が,右手には重なり合うように小湾や岬が望める。【下村 数馬

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮崎県〕堀切峠(ほりきりとうげ)


宮崎県南東部、日南(にちなん)海岸最北の戸崎鼻(とさきはな)南西に位置する峠。標高62m。国道220号が通る。日南海岸観光の一中心で、峠上から日向灘(ひゅうがなだ)、鬼の洗濯板(せんたくいた)などが一望に見渡せる。周辺はハイビスカスほかの熱帯植物が茂る。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

堀切峠
ほりきりとうげ

宮崎市南部、青島(あおしま)より鵜戸(うど)山地を越え日南(にちなん)海岸内海港(うちうみこう)に抜ける峠。国道220号に属す。標高61メートルの切り通しで、眼下に紺碧(こんぺき)の太平洋と日南海岸独特の波状岩(鬼の洗濯板(せんたくいた))の光景が開ける。臨海道路に沿うフェニックスの並木は南国情緒をたたえる。眼下の海岸線の隆起海床と奇形波食痕(はしょくこん)は国指定天然記念物である。日南海岸国定公園に属し、道路はさらに海岸に沿い鵜戸神宮に至る。[横山淳一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

堀切峠の関連キーワード日南海岸国定公園宮崎県宮崎市

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

堀切峠の関連情報