コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀麦水 ほりばくすい

6件 の用語解説(堀麦水の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

堀麦水
ほりばくすい

[生]享保3(1718).金沢
[没]天明3(1783).10.14. 金沢
江戸時代中期の俳人。通称,池田屋平三郎,のち長左衛門。別号,可遊,四楽庵,樗庵,五噫逸人,牛口山人。中川乙由の門下だが,宝暦末期頃の俗調にあきたらず,蕉風初期の虚栗 (みなしぐり) 調に傾倒した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほり‐ばくすい【堀麦水】

[1718~1783]江戸中期の俳人。加賀金沢の人。名は、堀長。俳諧中興運動において、貞享(じょうきょう)蕉風を唱導した。編著に「新みなし栗」「慶安太平記」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀麦水 ほり-ばくすい

1718-1783 江戸時代中期の俳人。
享保(きょうほう)3年生まれ。中川麦浪(ばくろう)らにまなぶ。貞享(じょうきょう)期の蕉風(しょうふう)に傾倒し,編著に「新みなし栗」,俳論書に「蕉門一夜口授(くじゅ)」など。「慶長中外伝」など実録物でも知られる。天明3年10月14日死去。66歳。加賀(石川県)出身。名は長。字(あざな)は子傾。通称は池田屋平三郎。別号に樗庵(ちょあん),四楽庵など。
【格言など】石を出る流れは白し花薄(はなすすき)(「落葉かく」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

堀麦水

没年:天明3.10.14(1783.11.8)
生年:享保3(1718)
江戸中期の俳人,実録作者。通称,池田屋平三郎のち長左衛門。初号,可遊,葭由。四楽庵,樗庵などの号もある。金沢の人。俳諧は,中川麦浪,和田希因らに師事。伊勢,京都などへ引杖しつつ,俳諧師としての実力を養成した。貞享期(1684~88)の蕉風俳諧を顕彰したところに特徴があり,『貞享正風句解伝書』などを著した。中興期復古運動の中でも,異彩を放った。実録ものとして,『慶安太平記』など多数の作もある。<参考文献>日置謙「樗庵麦水伝」(『麦水俳論集』)

(楠元六男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ほりばくすい【堀麦水】

1718~1783) 江戸中期の俳人・実録作者。名、堀長。金沢の人。五々門、のち麦浪門。俳諧中興運動の中、支麦しばくの俗調を嫌い、初期蕉風への復帰を提唱。著「新虚栗しんみなしぐり」「俳諧蒙求」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

堀麦水
ほりばくすい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の堀麦水の言及

【麦水】より

…江戸中期の俳人。姓は堀,名は長,通称池田屋平三郎のち長左衛門。初号は可遊,別号は四楽庵,樗庵など。加賀金沢の蔵宿の出で,伊勢の乙由(おつゆう)を慕い,その子麦浪から麦水の号を得た。早くから行脚を好み,1749年(寛延2)には江戸,伊勢,京を回って《あづまぢ草》を草し,61年(宝暦11)から3,4年は京,江戸にたびたび往来して俳壇の中興気運を高め,《鶉だち》を刊行した。70年(明和7)ごろから,漢詩文調のいわゆる貞享蕉風(芭蕉初期の作風)への復帰を説き,自論を《俳諧蒙求》《蕉門一夜口授》その他の俳論書,伝書に吐露し,《虚栗(みなしぐり)》調の作品を《新虚栗》(1777)に集成した。…

※「堀麦水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

堀麦水の関連キーワード羅城原元皐月平砂(2代)傘車樗雲貞佐(1)人見蝶之里風帒一芄月

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone