堪忍分(読み)カンニンブン

世界大百科事典 第2版の解説

かんにんぶん【堪忍分】

近世,生計の資として給与された知行。知行には石高に応じて軍役が賦課されるのが原則であるが,堪忍分にはそれが免除されていた。堪忍とは食糧,生計の資,ひいては〈生計を保つ〉という意である。堪忍分には,将軍の息女に与えられる化粧料,大名が客分の士や討死した家臣の遺族に与える捨扶持すてぶち),合力(ごうりよく)などのほかに,改易された大名に幕府が与える場合があった。1619年(元和5)改易された福島正則に与えられた信濃川中島4万5000石,32年(寛永9)改易の加藤忠広に与えられた出羽丸岡1万石,40年改易の生駒高俊に与えられた出羽矢島1万石などが,その例である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かんにん‐ぶん【堪忍分】

〘名〙
① 中世・近世主君から客分の者や臣下の遺族に給与した祿。堪忍領。食祿
※言国卿記‐文亀元年(1510)四月二四日「今五百疋此方堪忍分申付畢」
② 近世、幕府が改易した大名に給与した知行(ちぎょう)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android