コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋山駿 あきやましゅん

百科事典マイペディアの解説

秋山駿【あきやましゅん】

評論家。東京生れ。早稲田大学卒業。日本文芸家協会常務理事。1956年から1970年まで報知新聞社に勤務する。1979年から1994年まで東京農工大学教授。1960年,評論《小林秀雄》で第3回群像新人文学賞,1990年,《人生の検証》で第1回伊藤整文学賞を受賞。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉の解説

あきやま‐しゅん【秋山駿】

[1930~2013]評論家。東京の生まれ。「内向の世代」を代表する文芸評論家として、人間の内面を凝視する評論で知られる。報知新聞社に在職中の昭和35年(1960)、評論「小林秀雄」で群像新人文学賞受賞。他に「知れざる炎」「砂粒私記」など。「人生の検証」で伊藤整文学賞、「信長」で毎日出版文化賞・野間文芸賞受賞。芸術院会員。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋山駿 あきやま-しゅん

1930-2013 昭和後期-平成時代の文芸評論家。
昭和5年4月23日生まれ。35年評論「小林秀雄」で群像新人文学賞。人間の内部を凝視する思索的エッセイ「想像する自由」で注目される。平成2年「人生の検証」で伊藤整文学賞,8年「信長」で毎日出版文化賞および野間文芸賞。9年芸術院会員。16年「神経と夢想 私の『罪と罰』」で和辻哲郎文化賞。平成25年10月2日死去。83歳。東京出身。早大卒。著作はほかに「内部の人間」「舗石の思想」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

秋山駿の関連キーワード長谷川 泰子早稲田文学大河内昭爾永山則夫磯田光一中原中也阿部和重内向秋山

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秋山駿の関連情報