秋山駿(読み)あきやましゅん

  • 秋山駿 あきやま-しゅん

百科事典マイペディアの解説

評論家。東京生れ。早稲田大学卒業。日本文芸家協会常務理事。1956年から1970年まで報知新聞社に勤務する。1979年から1994年まで東京農工大学教授。1960年,評論小林秀雄》で第3回群像新人文学賞,1990年,《人生検証》で第1回伊藤整文学賞受賞。〈内向の世代〉を代表する評論家。《内部人間》《歩行貝殻》《抽象的な逃走》《時代小説礼讃》《信長》など。《秋山駿批評》4巻。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉の解説

[1930~2013]評論家。東京の生まれ。「内向の世代」を代表する文芸評論家として、人間の内面を凝視する評論で知られる。報知新聞社に在職中の昭和35年(1960)、評論「小林秀雄」で群像新人文学賞受賞。他に「知れざる」「砂粒の私記」など。「人生の検証」で伊藤整文学賞、「信長」で毎日出版文化賞・野間文芸賞受賞。芸術院会員。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1930-2013 昭和後期-平成時代の文芸評論家。
昭和5年4月23日生まれ。35年評論「小林秀雄」で群像新人文学賞。人間の内部を凝視する思索的エッセイ「想像する自由」で注目される。平成2年「人生の検証」で伊藤整文学賞,8年「信長」で毎日出版文化賞および野間文芸賞。9年芸術院会員。16年「神経夢想 私の『罪と』」で和辻哲郎文化賞。平成25年10月2日死去。83歳。東京出身。早大卒。著作はほかに「内部の人間」「舗石思想」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android