堺駿二(読み)さかい しゅんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堺駿二 さかい-しゅんじ

1913-1968 昭和時代の俳優。
大正2年12月10日生まれ。堺正章(まさあき)の父。大正12年初舞台。早川雪洲に弟子入りし,のち新生喜劇座を結成。戦後松竹大船にはいり,昭和21年「破られた手風琴」で主演。27年フリーとなり,映画やテレビに出演,コメディアンとして活躍。昭和43年8月10日東京新宿のコマ劇場の舞台で急死。54歳。東京出身。保善中学中退。本名は栗原正至。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android