コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銭形平次捕物控 ぜにがたへいじとりものひかえ

2件 の用語解説(銭形平次捕物控の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぜにがたへいじとりものひかえ【銭形平次捕物控】

野村胡堂作の小説。1931‐57年(昭和6‐32)《オール読物》などに発表。長編21,中編18,短編341,掌編3,計383編。神田明神下の長屋に住む,投げ銭の名人岡っ引平次,その妻お静,子分のガラっ八こと八五郎の3人を中心に,次々に起きる難事件を解決していく。時代は3代将軍徳川家光のころだが,生活風俗は幕末期に設定されている。平次の投げ銭は《水滸伝(すいこでん)》から着想されたといわれる。彼ら3人は常に庶民の側に立って権力・金権の悪をこらす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

銭形平次捕物控
ぜにがたへいじとりものひかえ

野村胡堂(こどう)の連作小説。1931年(昭和6)4月~1957年(昭和32)8月まで主として『オール読物』に掲載。383編。『銭形平次捕物控』全3巻(1932~1933・春陽堂)をはじめ、『銭形平次捕物全集』全26巻(1956~1958・河出書房新社)がある。神田明神下(かんだみょうじんした)の岡ッ引、銭形平次、その子分でガラッ八の八五郎、平次の恋女房お静の和気藹々(あいあい)とした人間関係を主軸に展開する。作の特色は、武士を徹底的にやっつけ、町人や貧しい人々に愛情をもち、容易に罪人をつくらず、明朗で健康なユーモアにあふれているところにある。全編の精神は胡堂のいう「法の無可有郷(ユートピア)」に貫かれている。長谷川一夫(はせがわかずお)主演の映画や大川橋蔵主演のテレビ・ドラマのシリーズにより、広く親しまれている。[山崎一穎]
『『銭形平次捕物控』全10巻(富士見書房・富士見時代小説文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

銭形平次捕物控の関連キーワード野村元五郎野村胡堂銭形平次捕物帳あらえびす佐々木たづ陣出達朗神保朋世野村愛正野村万作(2代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

銭形平次捕物控の関連情報