コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壬生の花田植 みぶのはなだうえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

壬生の花田植
みぶのはなだうえ

広島県北西部,北広島町壬生(みぶ)で 6月上旬に行なわれる田植え行事。中国山地には中世の大がかりな田植えの風俗が残っており,その代表的なものの一つ。元は,一般の田植えに先立って,選ばれた神田を豊作の祈願をこめて太鼓や歌で囃しながら共同で植えた行事。大田植え囃子田(はやしだ),鼓田(つづみだ),供養田植えなどとも呼ばれた。ウシに飾り鞍を置き,を引いて代掻をする。次いで田楽団が田に入る。太鼓打ちに銅拍子(どびょうし),笛の囃子で,音頭とりのサンバイと早乙女田唄をかけあいでうたいながら,早乙女が一斉に苗を植えていく。田植えがすむと,田植えが終わったことを祝う「サナブリ」が行なわれる。1976年国の重要無形民俗文化財に指定。2011年世界無形遺産に登録された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

壬生の花田植

広島県山県郡北広島町壬生に伝わる民俗行事。毎年6月に行われる。豪華な刺繍をした布や金色の花鞍をつけた「飾り牛」による代掻きが行われた後、早乙女が囃子にあわせて田植歌を歌いながら田植をする。1976年、国の重要無形民俗文化財に指定。2011年、ユネスコ無形文化遺産に登録。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

壬生の花田植の関連キーワード広島県山県郡北広島町壬生広島県山県郡北広島町千代田(広島県)壬生(広島県)千代田花田植囃田

壬生の花田植の関連情報