コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

声帯ポリープ(喉頭ポリープ) せいたいぽりーぷこうとうぽりーぷVocal Fold Polyp

家庭医学館の解説

せいたいぽりーぷこうとうぽりーぷ【声帯ポリープ(喉頭ポリープ) Vocal Fold Polyp】

[どんな病気か]
 発声(はっせい)は、喉頭にある声帯(せいたい)という帯状(おびじょう)のひだの振動によって行なわれます。この、いわば楽器の弦(げん)のような声帯にやわらかいこぶのような腫瘤(しゅりゅう)(ポリープ)が生じた状態を、声帯ポリープといい、発声の障害になります。
 この病気になるのは、成人で、やや男性が多くなっています。
[原因]
 声は、左右2本の声帯が高頻度で振動して生じます。男性の会話では毎秒100回、女性では毎秒250回も声帯が振動します。
 ですから、無理な発声がいちばんの原因となります。歌手や学校の先生、アナウンサーなどの声を多く使う人に多くみられるゆえんです。ふつう、かぜでのどに炎症があるのに、むりに発声した後に生じやすいものです。
[症状]
 のどの異物感と嗄声(させい)(しわがれ声)が主症状です。また、いつもは歌えていた歌が、歌えなくなります。
 喉頭内視鏡検査で比較的簡単に、安全に診断できます。とくに最近では、各種ファイバースコープの開発で、診断の精度があがりました。
 声帯がんとまぎらわしいポリープもあり、このときは組織を取って調べる病理診断が必要になります。
[治療]
 できて間もないポリープならば、発声をやめて声帯を休めたり、消炎剤の吸入や内服で消えることもあります。
 古くなってかたまった場合は、外科的切除が望まれます。
 最近は、喉頭顕微鏡下手術といって、拡大視のもとに手術が行なわれるので安全確実です。
 予防としては、ふだんから声の衛生観念をもって、声帯を大事にすることがたいせつです。
 中年以降の男性で喫煙者は、がんとの区別も念頭に入れておきましょう。

出典 小学館家庭医学館について 情報

声帯ポリープ(喉頭ポリープ)の関連キーワードのど(咽頭、喉頭)のしくみとはたらき音声障害(声の病気)子どもの音声障害

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android