変格活用(読み)ヘンカクカツヨウ

デジタル大辞泉の解説

へんかく‐かつよう〔‐クワツヨウ〕【変格活用】

国文法で、動詞の活用形式の一種。正格活用に対し、比較的不規則に語形変化するもの。口語でカ行(来る)・サ行(する)の2種、文語でカ行(来(く))・サ行(おはす)・ナ行(死ぬ去(い)ぬ)・ラ行(あり居(を)りはべりいまそかり)の4種がある。⇔正格活用

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へんかくかつよう【変格活用】

動詞の活用形式のうち、その語形変化が特殊あるいはやや特殊で、四(五)段活用・二段活用・一段活用と異なるもの。口語では、カ行(「来る」)・サ行(「する」)の2種があり、文語では、カ行(「来」)・サ行(「す」)・ナ行(「死ぬ・往ぬ」)・ラ行(「有り・居り・侍り・いまそがり」)の4種がある。 ⇔ 正格活用

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

へんかく‐かつよう ‥クヮツヨウ【変格活用】

〘名〙 日本語の動詞活用の中で、その語尾変化が四段活用、二段活用、一段活用の格に合わないもの。文語では、「来(く)」(カ行)、「為(す)」(サ行)、「死ぬ・去ぬ」(ナ行)、「有り・居り・侍り・坐(いますが)り」(ラ行)、口語では「来る」(カ行)、「為る」(サ行)の活用をいう。なお、「来」「為」の活用については三段活用とよぶ学説もある。〔広日本文典(1897)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android