コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

変格活用 ヘンカクカツヨウ

デジタル大辞泉の解説

へんかく‐かつよう〔‐クワツヨウ〕【変格活用】

国文法で、動詞活用形式の一種。正格活用に対し、比較的不規則に語形変化るもの。口語でカ行(来る)・サ行(する)の2種、文語でカ行(来(く))・サ行(おはす)・ナ行(死ぬ去(い)ぬ)・ラ行(あり居(を)りはべりいまそかり)の4種がある。⇔正格活用

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

へんかくかつよう【変格活用】

動詞の活用形式のうち、その語形変化が特殊あるいはやや特殊で、四(五)段活用・二段活用・一段活用と異なるもの。口語では、カ行(「来る」)・サ行(「する」)の2種があり、文語では、カ行(「来」)・サ行(「す」)・ナ行(「死ぬ・往ぬ」)・ラ行(「有り・居り・侍り・いまそがり」)の4種がある。 ↔ 正格活用

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

変格活用の関連キーワードサ行変格活用ラ行変格活用ナ行変格活用カ行変格活用不規則動詞さしゃんすしゃんすさせますさしゃる活用語尾まらする規則動詞御座在るしゃますしますようず来れる国文法しゃるられる

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

変格活用の関連情報