コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夕陽丘 ユウヒガオカ

デジタル大辞泉の解説

ゆうひがおか〔ゆふひがをか〕【夕陽丘】

大阪市天王寺区の地名。藤原家隆が住んだ夕陽庵(せきようあん)があった所。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夕陽丘
ゆうひがおか

大阪市天王寺区にあり、上町(うえまち)台地のほぼ中央部西端にあたる地。1236年(嘉禎2)歌人藤原家隆(いえたか)が移り住み、「ちぎりあれば難波(なにわ)の里にやどり来て波の入り日をおがみつるかな」の歌を詠んだところから、夕陽丘の地名が生まれたと伝える。家隆塚がある。勝鬘院(しょうまんいん)(通称、愛染堂(あいせんどう))をはじめ寺院が多く、また付近には短期大学や高校があり、学園地区をなしている。地下鉄谷町(たにまち)線が通じ、阪神高速道路環状線の夕陽丘出入口がある。[位野木壽一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

夕陽丘の関連キーワード加藤 直四郎薮内 正幸富本 一枝炭山 南木鷲谷七菜子勝鬘愛染会高松 梅窓上田 安子上田安子大阪港

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夕陽丘の関連情報