コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外交団 がいこうだんdiplomatic corps

翻訳|diplomatic corps

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外交団
がいこうだん
diplomatic corps

一国に駐在する各国外交使節団の長 (大使公使) の集合体,またはより広くその随員であるすべての外交官で慣習的に組織する団体。通常最上級者 (大使) のうちその国への着任が最も古い者が団長 dean; doyenとなる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

がいこう‐だん〔グワイカウ‐〕【外交団】

一国に駐在する諸外国の外交使節の団体。法律その他で定められたものではなく、必要に応じての便宜的な呼称

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

外交団【がいこうだん】

一国に駐在する各国のすべての外交使節とその随員で構成される団体。国際法上特別の資格,職務はない。団長には駐在国の規則による最高席次者(一般に最も早く着任した大使)がなるが政治的意味はもたない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

がいこうだん【外交団】

ある国に駐在する各国の外交使節の総体。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

外交団
がいこうだん
diplomatic corps

ある国(首都)にいる諸国の外交使節団の外交官を全体として外交団という。先任の最古参大使が外交団長(ドワイアンdoyen)となり、主として儀礼的なことで外交団を代表するほか、外交官の特権や名誉が害されないように配慮し、それが害されたときは、回復するように努力する。[広部和也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の外交団の言及

【外交】より

…最近は多くの場合,商業航空機の機長に輸送が委託される。 外交団corps diplomatique一国に派遣され,その国の外交官名簿にその氏名を記載されている各国の外交使節団の構成員の集合体をいう。着任の最古参の大使が外交団の長となる。…

※「外交団」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

外交団の関連キーワードパークス(Sir Harry Smith Parkes)フォーリン・アフェアーズウェストミンスター憲章サン・セバスティアンチーフ(芝罘)条約バーリンゲームクライスキーオールコックベルクールモンブラン鹿鳴館時代神奈川台場パークス緒方貞子明治維新教皇大使阿部正外ブラント御料牧場サマラ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外交団の関連情報