コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外蕃通書 がいばんつうしょ

3件 の用語解説(外蕃通書の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外蕃通書
がいばんつうしょ

諸外国 (東南アジアオランダメキシコイギリスなど) との往復書簡や渡航朱印状を,国別,年代順に編纂したもの。近藤守重 (→近藤重蔵 ) 編。 27巻。目録1巻。文政1 (1818) 年成立。江戸時代初期から宝暦年間 (1751~64) 頃までを収録。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

がいばんつうしょ【外蕃通書】

江戸初期から中期まで(1599‐1764)の幕府と諸外国の往復文書を各国別・編年順に収録し,編者の綿密な考証を付した外交文書集。朝鮮,オランダをはじめ当時関係のあった諸国を網羅している。27巻,目録1巻。編者は幕臣の近藤守重(重蔵)で,書物奉行(1808‐19)のとき,紅葉山文庫所蔵の外交文書を中心に編纂して,幕府に献上した。初期幕府外交の重要史料。《近藤正斎全集》ほか所収。【荒野 泰典】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

外蕃通書
がいばんつうしょ

江戸幕府が諸外国と交わした書簡を国別・時代順に編纂(へんさん)した書物。編者は近藤守重(もりしげ)(正斎(せいさい)、重蔵(じゅうぞう))。彼が幕府の書物奉行(ぶぎょう)在任中(1808~18)に成った。全27巻で、第1~5巻朝鮮、第6、7巻阿蘭陀(オランダ)、第8~10巻明(みん)国、第11~14巻安南(アンナン)、第15~17巻暹羅(シャム)、第18、19巻柬埔寨(カンボジア)、第20巻占城(チャンパ)、太泥(タニ)(パタニ)、第21~23巻呂宋(ルソン)、第24、25巻阿媽港(アマカウ)(マカオ)、第26巻新伊西把(イスパニア)(メキシコ)、第27巻漢乂利亜(アンゲリア)(イギリス)にあてる。『近藤正斎全集』『改訂史籍集覧』に収められている。[加藤榮一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外蕃通書の関連キーワード日本三景鐚銭天川居合抜きカピタン雪駄しょんがえ節伊達模様伯庵扶桑拾葉集入浜

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone