コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多久[市] たく

百科事典マイペディアの解説

多久[市]【たく】

佐賀県中部の市。1954年市制。多久盆地を中心に古くから開けた中心市街は,明治以後唐津炭田の炭鉱町として発展した。唐津線長崎自動車道が通じる。1972年炭鉱閉山以降,炭鉱跡地を中心に企業誘致が進められ,繊維,電機食品工業などが立地

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たく【多久[市]】

佐賀県中央部の市。1954年小城(おぎ)郡の北多久町と東多久,西多久,南多久,多久の4村が合体,市制。人口2万4507(1995)。市域は有明海斜面北西部にある多久盆地を中心に広がり,中央を六角(ろつかく)川の支流牛津川が東・南流する。市の中心部をJR唐津線と国道203号線がほぼ東西に通り抜ける。古代の高来(たく)郷の地で,官道の高来駅も置かれた。江戸時代は佐賀藩鍋島氏の親類同格多久氏の領地で,中心は牛津川沿いの御構内(ごこうない)であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

多久[市]の関連キーワード斎藤寅次郎マキノ雅広世界のおもなアカデミートルンカ新藤兼人溝口健二石井桃子オータン・ララ川島雄三国民保養温泉

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android