コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厳木 きゅうらぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

厳木
きゅうらぎ

佐賀県北部,唐津市南東部の旧町域。筑紫山地に囲まれた,松浦川上流の厳木川流域にある。 1952年町制。 2005年唐津市,相知町,北波多村,鎮西町,浜玉町,肥前町,呼子町と合体し唐津市となる。かつては唐津炭田炭鉱町として発展したが,1961~65年の間に石炭産業の不振により全炭鉱が閉山。食品,衣料などの工場がある。厳木川の渓谷には発電所が設けられ,山麓一帯は厳木みかんの産地として有名。室園神社の肥前鳥居は天正 18 (1590) 年の造立銘があり,貴重な文化財となっている。北部作礼山 (887m) から東部の天山 (1046m) にかけての一帯は天山県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

厳木(きゅうらぎ)

佐賀県唐津市にある道の駅。国道203号に沿う。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

厳木
きゅうらぎ

佐賀県中北部、東松浦(ひがしまつうら)郡にあった旧町名(厳木町(まち))。現在は、唐津(からつ)市の南東部を占める地域。旧厳木町は1952年(昭和27)町制施行。2005年(平成17)唐津市、浜玉(はまたま)町、相知(おうち)町、肥前(ひぜん)町、鎮西(ちんぜい)町、呼子(よぶこ)町、北波多(きたはた)村と合併、唐津市となる。旧町域は、唐津湾に注ぐ松浦川の支流厳木川流域にあり、南西部の国道203号沿いなどにわずかに平地が開ける。ほかにJR唐津線、厳木多久道路(厳木バイパス)が通じる。「厳木」の名は、中世以来の郷村名によるが、その呼び方の由来については諸説がある。近世厳木宿は、唐津、佐賀両城下を結ぶ笹原(ささばる)峠越え往還筋の宿駅。近世末以降、唐津炭田の一角として脚光を浴び、とくに1899年(明治32)の唐津興業鉄道(現、JR唐津線)岩屋駅、厳木駅開業以後、貝島、住友資本などにより炭鉱開発が本格化したが、1965年(昭和40)にはすべて閉山し、1955年当時1万9350を数えた町人口も1965年には半減した。東和グローブほか企業誘致を進め、また厳木ミカンやスギの美林を軸に、畜産、茶、高冷地野菜など農林業の振興に努めてきた。厳木川には厳木ダムや発電所がある。県指定重要文化財として室園(むろぞの)神社の石造肥前鳥居(天正十八年の銘あり)、県指定重要無形民俗文化財の広瀬浮立(ふりゅう)などが知られる。[川崎 茂]
『『厳木町史』(1971・厳木町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

厳木の関連キーワード佐賀県唐津市厳木町牧瀬鎮西(佐賀県)佐賀県唐津市厳木[町]秀島寛三郎佐賀(県)唐津(市)相知[町]寺沢元三郎相知〈町〉厳木〈町〉多久(市)脊振山地獅子ヶ城多久市

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

厳木の関連情報