コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厳木 きゅうらぎ

3件 の用語解説(厳木の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

厳木
きゅうらぎ

佐賀県北部,唐津市南東部の旧町域。筑紫山地に囲まれた,松浦川上流の厳木川流域にある。 1952年町制。 2005年唐津市,相知町,北波多村,鎮西町,浜玉町,肥前町,呼子町と合体し唐津市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

厳木
きゅうらぎ

佐賀県中北部、東松浦(ひがしまつうら)郡にあった旧町名(厳木町(まち))。現在は、唐津(からつ)市の南東部を占める地域。旧厳木町は1952年(昭和27)町制施行。2005年(平成17)唐津市、浜玉(はまたま)町、相知(おうち)町、肥前(ひぜん)町、鎮西(ちんぜい)町、呼子(よぶこ)町、北波多(きたはた)村と合併、唐津市となる。旧町域は、唐津湾に注ぐ松浦川の支流厳木川流域にあり、南西部の国道203号沿いなどにわずかに平地が開ける。ほかにJR唐津線、厳木多久道路(厳木バイパス)が通じる。「厳木」の名は、中世以来の郷村名によるが、その呼び方の由来については諸説がある。近世厳木宿は、唐津、佐賀両城下を結ぶ笹原(ささばる)峠越え往還筋の宿駅。近世末以降、唐津炭田の一角として脚光を浴び、とくに1899年(明治32)の唐津興業鉄道(現、JR唐津線)岩屋駅、厳木駅開業以後、貝島、住友資本などにより炭鉱開発が本格化したが、1965年(昭和40)にはすべて閉山し、1955年当時1万9350を数えた町人口も1965年には半減した。東和グローブほか企業誘致を進め、また厳木ミカンやスギの美林を軸に、畜産、茶、高冷地野菜など農林業の振興に努めてきた。厳木川には厳木ダムや発電所がある。県指定重要文化財として室園(むろぞの)神社の石造肥前鳥居(天正十八年の銘あり)、県指定重要無形民俗文化財の広瀬浮立(ふりゅう)などが知られる。[川崎 茂]
『『厳木町史』(1971・厳木町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

厳木の関連キーワード佐賀県唐津市浦佐賀県唐津市鏡佐賀県唐津市高島佐賀県唐津市菜畑佐賀県唐津市西唐津佐賀県唐津市西城内佐賀県唐津市原佐賀県唐津市東唐津佐賀県唐津市南城内佐賀県唐津市南富士見町

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

厳木の関連情報