コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多古[町] たこ

世界大百科事典 第2版の解説

たこ【多古[町]】

千葉県北東部,香取郡の町。人口1万8201(1995)。下総台地東部にあり,栗山川が幅広い河谷平野をつくる。中心集落の多古は栗山川が九十九里平野に流れ出るところにある谷口集落で,中世には千葉氏の多胡城が設けられ,江戸時代多古藩陣屋がおかれた。農産物集散地として発展し,現在も周辺農村の小商業中心であり,行政機関も集まる。野菜とサツマイモ栽培,米作,畜産が行われ,種豚産地として知られる。江戸時代後期の農民指導者大原幽学の影響を受けて,県内でも早くから耕地整理が進められた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android