コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多型 たけい

大辞林 第三版の解説

たけい【多型】

同一種の生物集団に、形態や形質についての何か異なるところのある二種類以上の個体が共存すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たけい【多型 polymorphism】

同一種の生物集団に形態やその他なんらかの形質について異なった2種類以上の個体が共存することを多型という。雌雄の区別がある生物では,大きさ,形,色などが違うことが多く,この場合を性的二型sexual dimorphismという。これに対してハチやアリのような社会性昆虫では違った働きをする個体が共存しており,これを社会的多型social polymorphismという。またアゲハチョウジャノメチョウなどでは季節によって違った斑紋をもつものがあるが,これは季節的多型seasonal polymorphismと呼ばれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

多型の関連キーワードテオドシウス ドブジャンスキーサセックス石(データノート)ヒメカンアオイ(姫寒葵)マイクロサテライト多型自然銀(データノート)ミトコンドリアDNAハキリアリ(葉切蟻)ケイ灰石(珪灰石)ドブジャンスキービットルフ現象ハアリ(羽蟻)多型性マーカーハプトグロビンレアバリアントノマドロジーナナバケシダサスライアリカースト分化DNA鑑定スニップス

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

多型の関連情報