コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

工業暗化 コウギョウアンカ

4件 の用語解説(工業暗化の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうぎょう‐あんか〔コウゲフアンクワ〕【工業暗化】

20世紀の初めごろから、工業都市の発展につれて、その付近にすむ蛾に暗色の変異個体が増加する現象。煤煙による生活環境の暗色化に適応して、保護色を選んだと考えられている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうぎょうあんか【工業暗化 industrial melanism】

工業黒化ともいわれる。工業化に伴い煤煙(ばいえん)などで環境が暗化するにつれ,昆虫の黒化型(暗化型)が増加する現象で,鱗翅(りんし)目の昆虫にその例が多い。イギリスでは19世紀末すでに多くの昆虫学者が気づいていたが,なぜ増加するかは明らかでなかった。1930年以後になってフォードE.B.FordやケトルウェルH.B.P.Kettlewellにより,工業化以前は黒化型遺伝子突然変異としてひじょうに低い頻度でしか存在しなかったが,工業化で地衣に覆われた樹木の幹などが汚れるとそこに止まった黒化型は鳥に捕食されにくくなり,したがって自然淘汰に有利となり急激に増加したことを明らかにした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうぎょうあんか【工業暗化】

工業化によって煤煙ばいえんなどで環境が暗化(黒っぽくなる)するに伴い、近くに生息している昆虫のうち、暗色の変異個体が増加する現象。蛾などのチョウ目に例が多い。進化理論に影響を与えた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

工業暗化
こうぎょうあんか

都市の工業化が進むに伴い、その付近に生息していた一部のガに暗色の変異個体が増加した現象。工業黒化ともいう。19世紀後半イギリスのマンチェスターにおいて、本来は淡色のはねをもつオオシモフリエダシャクというガに暗色のはねをした変異個体が急速に増加したことから発見された。同様の現象は、その後イギリスをはじめヨーロッパ北アメリカの各工業都市でもみいだされ、工業暗化を生じたとされるガ類は数百種にも上っている。日本ではまだ知られていない。
 これらのガは、いずれも本来淡色のはねをしており、いずれも昼間は木の幹などにはねを開いて止まって休むという習性をもつ。田園地帯の地衣類が着生して白っぽくなった幹では、淡色のはねは隠蔽(いんぺい)色となり、小鳥などの捕食を受けにくいが、工業化が進み煤煙(ばいえん)の影響で地衣類が死滅し、黒ずんだ樹皮がむき出しになってしまうと、淡色のはねは目だつものになる。このような環境で、暗色のはねをもつ突然変異個体がたまたま生じると、淡色型より隠蔽効果に優れ、生存上有利となる。このことは実験的にも証明されており、工業地帯で暗化型が増加した主要な原因と考えられている。なお、オオシモフリエダシャクでは、暗化型は1個の優性突然変異遺伝子の有無により生じることがわかっており、工業暗化は、突然変異と自然選択により進化が生じるという現代の進化理論の有力な証拠とされる。ただし暗色型の増加が隠蔽色としての効果だけによるものかどうかについては、現在も議論の余地が残されている。[上田哲行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の工業暗化の言及

【擬態】より

…枯葉に似た羽をもつコノハチョウや樹幹と同じ模様のヤガの仲間,小枝と見分けのつかないシャクトリムシなどは保護色の例である。また,イギリスでは産業革命以後,工場の煤煙(ばいえん)で木の幹が黒ずみ,このためそれまで樹幹の地衣類の模様に似ていたガの仲間がほとんど黒色の型に置き代わったという工業暗化の現象があるが,短期間に保護色の進化が見られた例として有名である。実験的にも,アゲハチョウの緑色と褐色のさなぎを,緑色や枯れた茶色の芝生の上に置いてニワトリに食べさせると,背景と同じ色のさなぎほど鳥に発見されにくいことが証明されている。…

【小進化】より

…小進化の例としてまず挙げられるのは,同じ集団内に生じる遺伝的変化である。工業地帯におけるガの工業暗化型の増加,殺虫剤の使用にともなうハエやダニやシラミの薬剤抵抗性系統の出現などがその好例である。前者の例では煤煙(ばいえん)で汚れた環境内では,暗化型の方が鳥などの捕食者によって食われにくいことから有利になり,増加したらしい。…

※「工業暗化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

工業暗化の関連キーワード工業化学工業薬品脱工業化社会姫路工業大学アンモニアソーダ法工業化産業社会工業用植物油脂八谷泰造新ダイワ工業

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone