コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多摩区 たま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多摩〔区〕
たま

神奈川県北東部,川崎市北西部の区。区域の大部分は多摩丘陵上にあり,北東部は多摩川の扇状地。 1972年区制。 82年麻生区を分区。かつては長十郎梨,伝十郎桃,禅寺丸柿で有名な果樹栽培地域であったが,1959年頃から小田急電鉄小田原線沿いを中心に宅地化が進行している。近年は大学などの進出により,文教地区的性格ももつ。中心市街地は東部の登戸で,JR南武線と小田急電鉄の交差する地点にある。よみうりランドのレジャー施設,市営フルーツパークがあり,生田の日本民家園には全国から古民家が集められている。面積 20.5km2。人口 21万4158(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たま‐く【多摩区】

多摩

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

多摩区の関連キーワード神奈川県川崎市多摩区菅稲田堤神奈川県川崎市多摩区登戸新町藤子・F・不二雄ミュージアム神奈川県川崎市多摩区菅野戸呂神奈川県川崎市多摩区菅馬場神奈川県川崎市多摩区中野島神奈川県川崎市多摩区東生田神奈川県川崎市多摩区菅仙谷神奈川県川崎市多摩区寺尾台神奈川県川崎市多摩区西生田神奈川県川崎市多摩区東三田神奈川県川崎市多摩区宿河原神奈川県川崎市多摩区菅城下神奈川県川崎市多摩区南生田神奈川県川崎市多摩区菅北浦神奈川県川崎市多摩区生田神奈川県川崎市多摩区和泉神奈川県川崎市多摩区三田神奈川県川崎市多摩区長尾神奈川県川崎市多摩区布田

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

多摩区の関連情報