コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多摩区 たま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多摩〔区〕
たま

神奈川県北東部,川崎市北西部の区。区域の大部分は多摩丘陵上にあり,北東部は多摩川扇状地。 1972年区制。 82年麻生区を分区。かつては長十郎梨,伝十郎桃,禅寺丸柿で有名な果樹栽培地域であったが,1959年頃から小田急電鉄小田原線沿いを中心に宅地化が進行している。近年は大学などの進出により,文教地区的性格ももつ。中心市街地は東部の登戸で,JR南武線と小田急電鉄の交差する地点にある。よみうりランドレジャー施設,市営フルーツパークがあり,生田の日本民家園には全国から古民家が集められている。面積 20.5km2。人口 21万4158(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たま‐く【多摩区】

多摩

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

多摩区の関連情報